お化け暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おばけ暦から転送)
Jump to navigation Jump to search

お化け暦(おばけごよみ)とは、明治から昭和にかけて、民間で違法に発行されたのことである。

1873年(明治6年)の太陽暦採用以後、政府が発行する官暦である本暦では一切の迷信的な暦注を掲載しなくなり、明治末年には旧暦の記載も中止された。しかし、旧暦に沿った生活習慣を続けようとする一般庶民は太陽暦の導入に戸惑い、旧暦に対する要求が高かった[1]。旧暦が併記され、吉凶判断などが記載された暦(偽暦)が大衆の需要に応えて販売されたが、旧暦の暦の販売は法に抵触していた[1]。発行者の記載欄は空欄にされるか、架空の住所や偽名が記載され、出版元が不明確であるこれらの暦は「お化け暦」と呼ばれるようになった[1]。発行人の欄には「京都市左京区鍵屋町藤の井徳兵衛」「大阪市西区新町福永嘉兵衛」といった縁起のよさそうな架空の名前が記されていた[2]

お化け暦には伊勢神宮が発行する略本暦とほぼ同一の様式が採用され、中には真正の本暦に貼付される頒暦証紙に似せたものが貼られているものもあった[2]。お化け暦には従来の暦にあった暦注のほか、六曜三隣亡九星などの、それまで暦に掲載されたことのない暦注が記載されるようになった[2][3]。すべてのお化け暦の旧暦(天保暦)の計算が正しいわけではなく、お化け暦同士で暦の食い違いが起こることもあり、特に九星、三隣亡に誤りが出ることが多かった[2]。新旧の暦注以外には太陽暦の記事、国定の祝祭日、寺社仏閣の祭礼縁日と年中行事が掲載されていた。

昭和期に入っても旧暦に基づいた行事を催す地域は多いためにお化け暦は多く出回り、歳末の露天の売り物にもなっていた[1]太平洋戦争期には政府の取り締まりが強化され、用紙が不足していたためにお化け暦は大きく数を減らした[2]1945年(昭和20年)以降、暦類は一般の出版物と同じように自由に出版が行えるようになり、「お化け暦」という呼び名は使われなくなった[1]。各地で販売されている運勢暦開運暦はお化け暦の子孫ともいえる[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 澤宮『イラストで見る昭和の消えた仕事図鑑』、106-107頁
  2. ^ a b c d e f 岡田、阿久根『現代こよみ読み解き事典』、353-355頁
  3. ^ こよみの学校 第36回『おばけ暦-庶民のささやかな異議申し立て』(2017年1月閲覧)

参考文献[編集]

  • 岡田芳朗、阿久根末忠編著『現代こよみ読み解き事典』(柏書房, 1993年3月)
  • 澤宮優『イラストで見る昭和の消えた仕事図鑑』(原書房, 2016年4月)