不成就日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

不成就日(ふじょうじゅび、ふじょうじゅにち)とは、選日の一つである。

何事も成就しない日とされ、結婚・開店・子供の命名・移転・契約・芸事始め・願い事など、事を起こすことが凶とされる。市販の暦では他にも色々なことが凶となっていて、結局は全てのことが凶ということになる。

不成就日の日取りは月切り旧暦)で、次の通りである。

  • 1月・7月 / 3日, 11日, 19日, 27日
  • 2月・8月 / 2日, 10日, 18日, 26日
  • 3月・9月 / 1日, 9日, 17日, 25日
  • 4月・10月 / 4日, 12日, 20日, 28日
  • 5月・11月 / 5日, 13日, 21日, 29日
  • 6月・12月 / 6日, 14日, 22日, 30日

不成就日は、宣明暦時代には会津暦に記載されただけであり、貞享暦にも記載されていない。しかし、この時代から、幕府の許可なく発行された民間の暦には記載されていた。

参考文献[編集]

  • 岡田芳朗・阿久根末忠『現代こよみ読み解き事典』柏書房、1993年。ISBN 4-7601-0951-X