Ī

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Īī Īī
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Ī, ī は、Iにマクロンを付した文字である。日本語ローマ字中国語ピン音ラトビア語ポリネシア諸語マオリ語ハワイ語で使われる。主に[i]の長音を示す。

日本語での使用[編集]

日本語のローマ字では「い」の音の長音および、「い」の音の連続を示す。

小文字の「ī」は、通常日本語では「i」のドットは省略せず、ドットの上にマクロンを表記する。[要出典]

長音で表す場合[iː]の発音であり、「い」の音の連続の場合は[ii]である。 例: SHĪCHIKIN(シーチキン)、KĪ(キー)、NĪSAN(にいさん)[1]

子音との組み合わせ

  • Ī、KĪ、SHĪ(SĪ)、CHĪ(TĪ)、NĪ、HĪ、MĪ、YĪ、RĪ、WĪ、GĪ、JĪ(ZĪ)、DĪ、BĪ、PĪ、VĪ、FĪ

日本語以外での使用[編集]

中国語では第一声(陰平)を示す。

マオリ語やハワイ語ではiの長音を表す。ハワイ語のアルファベットを表す語をハワイ語で表すとka pī‘āpā Hawai‘iになる。

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ī U+012A 1-9-86 Ī
Ī
ī U+012B 1-9-91 ī
ī

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 正書法では、「イイ」は「Ī」になるが、「II」と代書法が用いられることも多い。ローマ字の長音のつづり方