Ķ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ķķ Ķķ
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Ķ, ķ は、Kセディーユを付した文字である。ラトビア語ラトガリア語で用いられる。この文字は1921年[1]に定められたもので、それ以前はŁのようにストロークを付した文字が用いられていた。

両方の言語において、[c](kの軟音)で発音される。

また、ISO 9における翻字体系において、キリル文字Қ に対応するラテン文字として用いられる。


符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ķ U+0136 - Ķ
Ķ
ķ U+0137 - ķ
ķ

脚注[編集]

  1. ^ [1]

関連項目[編集]