MASAYA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MASAYA
基本情報
出生名 倉渕 透(くらぶち とおる)
出生 1957年12月13日(56歳)
出身地 日本の旗 日本,東京都港区元麻布
ジャンル ヒーリングミュージック
職業 音楽プロデューサー
作詞家作曲家
活動期間 1995年 - 現在
レーベル HEALING WORLD
共同作業者 David Campbell
Derek Nakamoto
吉田弥生
渡辺俊幸
朝川朋之
ダニエル・コビアルカ
鈴木智雄
公式サイト http://masaya.hw-ch.com/

MASAYA(マサヤ、1957年12月13日-)は、東京都港区元麻布出身の作詩・作曲家ヴォーカリストプロデューサー与論島プリシアリゾートの創設者。 現在は主にMARTH(マース)名義での活動を行っている。

来歴[編集]

  • 1957年12月13日 東京都港区元麻布で、法務省(後、東京地検)勤務の父親の下に生まれる。
  • 1995年 MASAYAとしてファーストアルバム「遥かなる道」をリリース。
  • 1998年X JAPANTOSHIがMASAYAがトレーナーを務める自己啓発セミナーを受講した事からTOSHIが洗脳されていると一部週刊誌等で報道され、「TOSHI洗脳騒動」が起こる。TOSHIと共に多数のメディアに出演し、洗脳やマインドコントロール等ではないと語る。この年、楽曲「君はいないか」をTOSHIに提供。(1998年7月23日 テイチクエンタテイメントから発売)
  • 1998年 MASAYAプロデュースでTOSHIがソロ活動を行うこととなり、TOSHIが「レムリアアイランドレコード」(現ホームオブハート)に移籍。MASAYAが楽曲を提供し、Toshiの「詩旅(うたたび)」が全国で開催される。
  • 2009年 アルバムリリース、6年ぶりのコンサートを開催。
  • 2010年 4月13日、ホームオブハートに元参加者らが損害賠償を求めた訴訟など8件について、東京地裁で和解が成立していたことが分かった。セミナー参加代に慰謝料などを加算した額を、HOH側が元参加者側に支払い和解が成立した。これによりホームオブハート及びMASAYAは事実上全面的に敗訴した[1]

人物[編集]

法務省勤務(後、東京地検勤務)の厳格な父の元、育てられる。アイドル歌手としてデビューし、長嶋とおるの芸名(JASRAC登録)でアニメのイメージソング「荒野の少年イサム」(長嶋とおる・クラウン少年合唱隊名義)や「高校一年生」(長嶋とおる名義)等を歌うがヒットに恵まれず、在籍していた堀越学園芸能コース(現トレイトコース)を中退。その後、明大付属中野高校に転入。18歳の頃より作詞・作曲家としての活動に移行。青年期にはリゾート開発に関わり、27歳の頃、東証一部の株式会社ミサワホームグループ(現リゾートソリューション株式会社)に入社、取締役に就任する。1988年にはミサワリゾート株式会社に社名が変更された後も活躍したが、バブル景気後退に伴い、リゾート計画が頓挫する。1990年に独立し、事業家として会社を設立するが倒産。その後、自己啓発セミナー主催会社「株式会社レムリアアイランドレコード」(現株式会社ホームオブハート)が行っていた自己啓発セミナーのメイントレーナーを務める。本人も複数の「自己啓発セミナーを受講したことがあると語っている。「株式会社レムリアアイランドレコード」の代表であったと言われているが、代表取締役は松田賀江(のりえ)(1997年没)であり、MASAYAは役員や代表などは兼任していない。

2004年4月、栃木県那須町にあるホームオブハート施設内及び株式会社トシオフィス(黒磯市(現那須塩原市)代表取締役出山利三)事務所にて乳幼児に適切な養育が行われていない、また、就学年齢の児童等を就学させず、施設内で深夜まで無報酬で労働させているとして児童虐待で告発され、児童相談所が子供たちを保護した。保護された子供たちの親は全てホームオブハートや株式会社トシオフィスのスタッフであり、多くのスタッフが子供を連れホームオブハートの施設内に住み込んでいたとされる。2005年、児童虐待の刑事告発に対して、宇都宮地方検察庁から嫌疑なしの不起訴処分の決定が出る。また、株式会社ホームオブハートが行っていた自己啓発セミナー(MASAYAがトレーナーとて参加したとされている)を受けた元受講者等が起こしている「消費者被害事件」(ホームオブハート事件)の個人被告人の一人である。訴訟された件数は複数あり、現在も係争中である。一部訴訟に関しては2009年5月 最高裁にて株式会社ホームオブハート 現代表取締役会長、現代表取締役社長の2名及びMASAYA、WANKUないし守谷香(TOSHIの元妻)が敗訴となっている。 

2010年、ホームオブハートは被害者に和解金を支払い、事実上全面的に敗訴した。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 遥かなる道

アルバム[編集]

  • 遥かなる道
  • 愛しき生命の詩
  • 大いなる自然界の詩
  • 胸いっぱいの言えぬ想い
  • MASAYA Romantic Melodies
  • 虹はけせない
  • Requiem
  • ひまわりの詩
  • すべての中に君を見ている
  • Sweet Farawell Melodies for my Beloved
  • 美しき自然界の流れ
  • 愛は哀しみをこえて
  • 愛は哀しみをこえて Concert Live
  • 青空のように
  • 美しき風景
  • すべてはひとつなのに…
  • 空がすきです
  • Oneness
  • Purity of Heart
  • HANA
  • Poesy
  • Disapperring into Oneness 世界がひとつであれば(全30タイトル)
  • Never changing truth
  • Everlasting love
  • Wish for Happiness
  • Poesy for Life

デジタル配信[編集]

  • すきとおる空をみたい

タイアップ曲[編集]

※その他、皇室アルバムや「北の国から」特集番組の、「生きもの地球紀行」、「奇跡体験!アンビリバボー」のBGMとして使用された。

関連項目・人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 参加者への賠償で和解 啓発セミナー訴訟”. 共同通信 (2010年4月14日). 2010年4月14日閲覧。

外部リンク[編集]