10ヤードファイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
10-Yard Fight
ジャンル スポーツゲーム (アメリカンフットボール)
対応機種 アーケードゲーム[AC]
ファミリーコンピュータ[FC]
MSX
開発元 アイレム
発売元 [AC/FC]アイレム
人数 1人 - 2人対戦プレイ
メディア [FC][MSX]ROMカセット
発売日 [AC]1983年12月
[FC]1985年8月30日
[MSX]1986年
テンプレートを表示

10ヤードファイト』(10-Yard Fight)は、1983年にアイレム(現アイレムソフトウェアエンジニアリングないしアピエス)から発売されたテレビゲームアメリカンフットボールのルールをほとんど知らなくても楽しめるようになっていた。

1983年にアーケードゲームとして発売されたが、1985年にファミリーコンピュータ用ゲームソフトとしても移植され、電源を入れるとロムカセットの赤いLEDが点灯する(後期生産分はLEDなし)。海外でのNES版は1985年10月18日任天堂から発売された。

現版ではファミコン版を中心に解説する。

ゲームシステム[編集]

1人プレイと2人プレイで共通の事項[編集]

攻撃側よりも守備側の方が動きが速いため、攻撃側は上手く立ち回って守備側の妨害を避けて行かねばならない。この時左右のラインを割ってしまうと攻撃は失敗となるので、左右のラインにも注意しながら守備側の妨害を避けてゆくこととなる。なおパスをして守備側の妨害を避ける手もあるが、パスをインターセプトされると20ヤード後退せねばならないというリスクがある(パスインコンプリートはゲームのシステム上発生しない)。また最終手段として強引に守備側の選手を振りほどく手もあるが、こちらの成功率はあまり高くない。

ともあれ、妨害によって攻撃回数4回以内に10ヤードを進むことが出来なければ、10ヤード後退せねばならない。

通常のアメリカンフットボールとは得点のシステムが異なっていて、本作で採用されている得点システムは次の通り。

  • ボールを持ってゴールラインを超える(タッチダウン)と、5000点。キックオフで蹴られたボールをそのままタッチダウン(キックオフリターンタッチダウン)すると10000点。
  • ボールを持ってゴールラインを超えて得点した後(ポイントアフタータッチダウン)、ボールを特定の範囲に蹴り込むことが出来れば、1500点(タッチダウンに成功すれば5000点)。
  • 前方向へのパスが成功すれば、500点。
  • 1st Downに成功すると、500点。(条件によっては、250点、150点、50点)
  • 攻撃側がボールを持って一定距離を進む毎に、20点。

なお試合中は99990点を超えると表示上0点にリセットされた上で得点が加算されてゆくため、見かけ上0点でも100000点である場合もある。得点は99990点以上も加算され続けており、試合結果の表示では正確な得点が表示される。ただし655350点がプログラム上の上限になっており、655360点になったと同時に0にリセットされてしまう。(650000点の時に10000点を取ると4640点(660000-655360)になる)

1人プレイの時[編集]

常にプレイヤーは攻撃側を担当し、高校生チーム、大学生チーム、プロチーム……と対戦してゆく。当然、徐々に敵チームの動きが良くなり、難易度が上がってゆく。制限時間以内にボールを持ってゴールラインを超えることが出来なければ、ゲームオーバーとなる。

なお、制限時間を余らせてボールを持ってゴールラインを超えると、残り時間に応じてボーナス得点が手に入る。このボーナスは2人プレイの時は無い。

また、1st Downに成功すると一定の時間ボーナスが与えられ、制限時間が伸びる。

2人プレイの時[編集]

両プレイヤーとも、攻撃側と守備側とを交互に2回ずつ担当する(なお攻撃時間には時間制限がある)。攻撃側は守備側の妨害を上手くかいくぐり得点を上げることを目的とし、守備側は攻撃側を妨害して少しでも得点を上げられないようにすることを目的として行動する。この結果、先述の得点システムの下で、より高い得点を上げた方が勝者となる。

また、1st Downに成功するか、ボールを持ってゴールラインを超えると一定の時間ボーナスが与えられ制限時間が伸びるが、1人プレイの時とは与えられるボーナス時間に差がある。フォワードパスを通すとそのダウンの間は時間減算が停止するという特別ルールのため、ランで距離を稼ぐよりも効率がよい(ただし、パスインターセプトのリスクは当然存在する)。

アーケード版[編集]

  • アーケード版は1人プレイ専用だったが、2P対戦が可能になったバージョンアップ版の「VS.10ヤードファイト」が1984年3月に発売された。
  • クォーターバックの選手ボイスは、某大学のアメフト部に依頼して録音する予定だったが、丁度良い声質の者がアメフト部におらず、同大学のラグビー部の新入部員の声を録音して使用した。[1]

外部リンク[編集]

  1. ^ AMライフ1984年3月号,1984年3月1日発行,株式会社アミューズメントライフ