黒田重徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒田 重徳
生誕 1887年10月25日
大日本帝国の旗 大日本帝国 福岡県
死没 1954年4月30日(満66歳没)
日本の旗 日本
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1909 - 1944
最終階級 Japan-army-1938-1945 16-1-.gif 陸軍中将
テンプレートを表示

黒田 重徳(くろだ しげのり、1887年10月25日 - 1954年4月30日)は、大日本帝国陸軍軍人。陸軍中将

太平洋戦争時のフィリピン方面軍司令官。戦後A級戦犯容疑者として逮捕された。

経歴[編集]

福岡県柳川市福岡県立中学伝習館を卒業し、1909年陸軍士官学校卒(21期)。同年12月歩兵少尉1913年、歩兵中尉となる。1916年陸軍大学校を卒業(28期)し歩兵第47連隊中隊長となる。1917年から1918年にかけてシベリア出兵に従軍し、大尉となる。1922年イギリス駐在、1923年、歩兵少佐となり、翌年帰国。

1928年3月、歩兵第57連隊大隊長となり、歩兵中佐となる。1932年、歩兵大佐歩兵第59連隊長となる。 1935年インド駐在武官、1937年、少将となり帰国。1938年、第4独立守備隊司令官となり、1939年中将第26師団長となる。

1941年太平洋戦争開戦当時は東京にある陸軍の教育総監部の本部長をしていた。1942年7月、シンガポール陥落の後、南方軍総軍)の総参謀長、幕僚長となり、1943年5月19日第14軍(比島方面を作戦地域とした)司令官となる。

東條英機が約束していたフィリピンの(大東亜共栄圏内での)独立準備を行う。有力者の協力の下、フィリピンの憲法をつくり、ホセ・ラウレル大統領にし、日本による軍政を表向き撤廃し、同年10月14日、独立させる(フィリピン第二共和国)。

1944年7月、改編昇格した、第14方面軍司令官となるが、9月21日マニラ市とその周辺ルソン島が、はじめて米軍機による空襲をうけ、9月26日付けで罷免される。同年10月に帰国し、12月、予備役編入。

1945年9月、A級戦犯容疑者として逮捕され横浜刑務所に収監されたが、1947年10月、フィリピン共和国に連行され、司令官時代のフィリピンにおける部下の残虐行為の罪を問われ、1949年7月、B級戦犯としてマニラ軍事裁判終身刑の判決を受けた。

1951年10月23日エルピディオ・キリノ大統領の特赦をもらい仮釈放され、翌52年2月、帰国した。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』1942年7月11日 叙任及辞令 「海軍中将 従四位 勲一等 功三級 黒田重徳 満州国皇帝陛下ヨリ贈与シタル勲一位景雲章ヲ受領シ佩用スルヲ允許セラル 七月六日賞勲局」

外部リンク[編集]