雫井脩介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雫井 脩介
(しずくい しゅうすけ)
誕生 1968年11月14日(45歳)
日本の旗 日本愛知県
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 専修大学文学部卒業
活動期間 1999年 -
ジャンル ミステリ恋愛小説、家族小説
代表作 『犯人に告ぐ』
主な受賞歴 新潮ミステリー倶楽部賞(1999年)
大藪春彦賞(2005年)
処女作 『栄光一途』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

雫井 脩介(しずくい しゅうすけ、1968年11月14日 - )は、日本小説家推理作家愛知県生まれ。専修大学文学部卒業。

経歴[編集]

大学卒業後、出版社社会保険労務士事務所などでの勤務を経て、1999年内流 悠人(ないる ゆうと)名義で応募した『栄光一途』で第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞。2000年、同作でデビュー。その後推理小説を中心に発表し、2004年に刊行した『犯人に告ぐ』は、2004年版「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位に、2005年版「このミステリーがすごい!」で第8位に選ばれ、第26回吉川英治文学新人賞の候補となった。2005年、同作で第7回大藪春彦賞を受賞。2006年に刊行した『クローズド・ノート』以降は、恋愛小説や家族小説など作風を広げている。

作品リスト[編集]

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]