野々村病院の人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野々村病院の人々
対応機種 PC-9801VM21以降(PC98)
PC-DOS(DOS/V)
Windows3.1(Win3.1)
セガサターン(SS)
Windows95/98(Win95)
Windows98/98SE/Me/2000/XP(マルチパック)
DVD-Video再生プレイヤー(DVD-PG)
Windows2000/XP(DMM)
発売元 シルキーズ(PC98・DOS/V・Win3.1)
エルフ(SS・Win95・マルチパック)
イエローピッグ(DVD-PG)
DMM(DMM)
ジャンル マルチシナリオ・マルチエンディング方式推理アドベンチャー
発売日 1994年6月30日(PC98)
1995年(DOS/V)
1996年4月26日(SS)
1996年9月27日(Win95)
2003年3月27日(DVD-PG)
2003年10月24日(マルチパック)
2007年3月30日(DMM)
レイティング 18禁(PC98・DOS/V・Win3.1・Win95・マルチパック・DVD-PG・DMM)
X指定(SS)
キャラクター名設定 不可
エンディング数 11
メディア FD:6枚(PC98・DOS/V・Win3.1)
CD-ROM:1枚(Win95・マルチパック)
DVD:3枚(DVD-PG)
画面サイズ 640*400 4bit(PC98)
640*480 4bit(DOS/V)
640*480 8bit(Win3.1・Win95)
640*480 24bit以上(マルチパック・DMM)
BGMフォーマット FM音源(PC98・DOS/V)
PCM音源(Win3.1・Win95・マルチパック・DVD-PG・DMM)
キャラクターボイス なし(PC98・DOS/V・Win3.1)
主人公以外フルボイス(SS・Win95・マルチパック・DVD-PG・DMM)
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ 全文/既読
オートモード あり
備考 マルチパック版とDMM版以外は全てロットアップ済み
マルチパック版は『河原崎家の一族』との2作1組

野々村病院の人々』(ののむらびょういんのひとびと)は、1994年6月30日エルフの姉妹ブランドのシルキーズより発売されたアダルトゲーム。及び、それを原作として発売されたアダルトアニメアダルトビデオ

アダルトゲーム[編集]

開発経緯[編集]

1993年12月22日に発売された『河原崎家の一族』に対し、ユーザーからはグラフィックの流麗さやマルチシナリオのもたらす臨場感に高い評価が付いた一方、「もっとストーリー性を持たせたらどうか」という意見も多く寄せられた。それを参考に開発されたのが、本作である[1]

概要(アダルトゲーム)[編集]

プレーヤーが探偵となり事件を解決していく、いわゆる推理物アドベンチャーゲームに分類されるが、『河原崎家の一族』に次いで採用したマルチシナリオを活かした、場面における判断に重点を置いている。エンディングが19から11に減少した一方、選択肢は2択から3択に増え、難度は高くなっている。

本作は『河原崎家の一族』に次いでヒット(本作のDMM版以前の累計売上本数はDMMの公称数値で約40万本)となり、当時のユーザーにおける純愛以外の需要の高さを物語っている。また、この2作品のヒットで自信を付けた蛭田昌人[2]は、エルフでも『同級生2』の次に、愛も萌えも無い凌辱物『遺作』をリリースすることになる。

また、本作はエルフやシルキーズでは初めて成人指定のまま家庭用ゲーム機に移植された。アメリカの成人指定基準X指定に基き、修正を最低限に留めたセガサターン版がそれである。

ストーリー[編集]

ある日、医療ミスなど数々の黒い噂が絶えない野々村病院で、1人の男が死亡した。その男の名は院長の野々村作治シアン化水素注射による中毒死であったこの出来事を、マスコミ自殺と報じた。

それからしばらくして、私立探偵で主人公の海原琢磨呂はあることが元で足を骨折し、野々村病院へ搬送される。野々村作治の妻で現院長の野々村亜希子は、退屈な入院生活に辟易している琢磨呂を院長室へ招き、こう告げた。

「主人が自殺ではない事を証明して欲しいのです」

思いがけない捜査依頼に探偵としての血が騒いだ琢磨呂は、院長殺害の真相を突き止めるべく、捜査を開始するのであった。

スタッフ(アダルトゲーム)[編集]

  • 企画、シナリオ、ゲームデザイン:蛭田昌人
  • キャラクターデザイン、原画:横田守
  • PC98版、Win3.1版音楽:国枝学
  • Win95版音楽アレンジ:クワイア
  • 制作協力:スタジオライン

登場人物[編集]

声優陣はSS版のもので、Win95版やアダルトアニメ版では非公開。また、年齢はPC98版当時のもので、マルチパック版以降はコンピュータソフトウェア倫理機構の規定により非公開となっている。

主人公[編集]

海原 琢磨呂(かいばら たくまろ)
海原琢磨呂探偵事務所の所長にして、事務所で唯一の私立探偵。32歳。数々の難事件を解決した手腕がありながら、女好きの性格のために悪名が高く、捜査依頼はさっぱりの閑古鳥であった。ある日、涼子とのふとした出会いが元で足を骨折し、搬送された野々村病院で亜希子から捜査を依頼される。
かなりのヘビースモーカーでもあり、何かにつけては紫煙を燻らせる。

ヒロイン[編集]

それぞれ個別のハッピーエンドが存在する。

牧野 梨恵(まきの りえ)
声:森川陽子
野々村病院の看護婦で23歳。真面目で面倒見も良く、誰からも好かれる看護婦の鏡のような存在。
野際 美保(のぎわ みほ)
声:吉田美保
野々村病院の看護婦で22歳。愛想が悪くキツめの性格で、外見もヤンキーっぽいが、根はとても優しく子供好き。
伊藤 涼子(いとう りょうこ)
声:岡本麻弥
西条探偵事務所に勤務する探偵で22歳。ウェーブの掛かった金髪と、首に着けた白い花のチョーカーが特徴の美人。しっかり者で生真面目な性格だが、それゆえに探偵としては未熟な面も多い。

サブヒロイン[編集]

個別のエンドは存在しない。

間宮 千里(まみや ちさと)
声:内川藍維
野々村病院の看護婦で19歳。童顔で巨乳。病院では明るく振る舞っている。
樹 桃子(いつき ももこ)
声:川田妙子
野々村病院の入院患者で16歳。年齢の割に幼く、内気な性格。足が不自由なため、常に車椅子に乗っている。心を許す相手は、担当看護婦の千里と親友の加奈のみ。
島木 加奈(しまき かな)
声:川上とも子
桃子の親友で16歳。桃子とは対照的に、明るくハキハキした性格。
野々村 亜希子(ののむら あきこ)
声:田中敦子
野々村作治の妻で28歳。作治の死後、院長の座に就いた。

その他[編集]

野々村 作治(ののむら さくじ)
声:宝亀克寿
野々村病院の院長。数々の黒い噂が流れている人物。物語冒頭に死亡しており、享年50。死因はシアン化水素注射による中毒死。死体のすぐ傍に作治の指紋付き注射器があったことから、警察はこれを経営苦による自殺と結論付けた。
西条 貴文(さいじょう たかふみ)
西条探偵事務所主任で24歳。容姿こそイケメンであるが、内面は何でも金で片付けようとする傲慢な小心者。琢磨呂を激しく嫌っている。
漆原 譲治(うるしばら じょうじ)
琢磨呂と相部屋の入院患者で19歳。常にリーゼントヘアを決め、陽気で噂や無駄話が大好きなお調子者。千里に惚れている。
御子柴 太郎(みこしば たろう)
琢磨呂が事務所を構えている倉庫の大家で42歳。日頃から家賃滞納もお構いなしな琢磨呂にとっては、天敵とも呼べる存在。ヤクザのような厳めしい容姿に似合わず意外と純情な所があり、入院中の琢磨呂に嫌味を言うために野々村病院を訪れた際、美保に一目惚れする。
川崎 勉造(かわさき べんぞう)
声:辻親八
琢磨呂と付き合いのある雑誌記者で43歳。脂ぎった身体に常時ロンドンブーツを履いているなど、特異な風体。琢磨呂に付いて独占スクープを挙げたことが縁で、有益な情報を提供してくれるようになった。琢麿呂にとっては頼りになる存在である。
藤木 栄作(ふじき えいさく)
声:緒方賢一
亜希子の執事で41歳。猿のような風体と猫背の小男で、どこか不気味な雰囲気を漂わせている。
変なオヤジ
黒いアイパッチで片目を隠し、腹巻を着けた禿頭の男性。野々村病院の裏庭で加奈を襲うが、琢磨呂に撃退される。横田守曰く、モデルは「アレ」とのこと。
日野 章介(ひの しょうすけ)
野々村病院の医師。かつて美保と付き合っていたことがあるが、現在は行方不明。
牧野 智恵(まきの ちえ)
声:森川陽子
牧野梨恵の一卵性双生児の妹。姉と瓜二つの容姿を活かして密かに入れ替わりながら、両親の死の真相を探っている。

アダルトアニメ[編集]

概要(アダルトアニメ)[編集]

野々村病院の人々 THE ANIMATION』のタイトルで、ピンクパイナップルより1996年11月に前篇が、1997年1月に後篇が発売された。全2巻。各巻30分。1998年11月6日には前篇が、1998年12月4日には後篇がDVD化。2006年7月28日にはその廉価版が、前後篇同時に発売された。

設定はアダルトゲーム版準拠だが、シナリオはアレンジされており、真相部分はかなり違う。

スタッフ(アダルトアニメ)[編集]

  • 監督・絵コンテ - 安東信悦
  • 監修 - ふくもとかん
  • 脚本 - 都王子
  • スーパーバイザー - Dr.POCHI
  • キャラクターデザイン - 金津賀哲
  • 作画監督 - 佐藤淳
  • アニメーション制作 - Triple X

オリジナルビデオ[編集]

概要(オリジナルビデオ)[編集]

ピンクパイナップルより1996年3月8日に発売された。全1巻。75分。

ピンクパイナップルが実写にも新たな購買層を開拓すべく制作した、成人指定の実写オリジナルビデオ作品の1つ。伊藤涼子が探偵ではなく海原琢磨呂の単なる弟子であったり、琢磨呂や看護婦達がアダルトゲーム版より軽々しくセックスに興じるキャラクターであるなど、大幅なアレンジが施されている。また、SS版で涼子の声を演じた声優の岡本麻弥が自身で涼子を演じ、太腿ばかりかパンティーまでも露出させてしまう演技が話題となった。ただし、岡本には看護婦達のような濡れ場は一切無い。

スタッフ(オリジナルビデオ)[編集]

  • 製作:佐藤秀和、庄司八郎
  • プロデューサー:松島富士雄
  • 監督:渡邊元嗣
  • 脚本:双美零、大竹康師
  • 撮影:清水正二
  • 照明:伊和手健
  • 制作協力:エクセレントフィルム

キャスト[編集]

ノベライズ[編集]

概要(ノベライズ)[編集]

ワニブックスより『野々村病院の人々』が1995年6月10日に、続巻『野々村病院の人々 外科病棟』が1996年2月25日に発売された。全2巻。

前者はアダルトゲーム版を原作としたアレンジだが、後者は前者の後日談に当たる直接の続編となっており、野々村病院での新たな殺人事件に海原琢磨呂が挑む。なお、両者を通じて伊藤涼子がメインヒロインとして描かれている。

スタッフ(ノベライズ)[編集]

関連書籍[編集]

シルキーズ原画集 Vol.1 -河原崎家の一族&野々村病院の人々-
辰巳出版より発行。上記2作品のカラー原画や攻略チャートを掲載している。ISBN 4-88641-191-6
野々村病院の人々&河原崎家の一族 パーフェクトコレクション
ケイエスエスより発行。上記2作品のOVA版の原画や解説を掲載している。ISBN 4-87709-161-0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『シルキーズ原画集 Vol.1 -河原崎家の一族&野々村病院の人々-』126ページより。
  2. ^ 本作についてはPC98版発売当時に名前を明かしておらず、『シルキーズ原画集 Vol.1 -河原崎家の一族&野々村病院の人々-』でのインタビューにも「H氏」と掲載させていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

全て18歳未満閲覧禁止。