私がオバさんになっても

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
私がオバさんになっても
森高千里シングル
収録アルバム ROCK ALIVE(#1)
B面 自転車通学
リリース 1992年6月25日
ジャンル J-POP
時間 8分21秒
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
チャート最高順位
森高千里 シングル 年表
コンサートの夜
(1992年)
私がオバさんになっても
(1992年)
渡良瀬橋/ライター志望
(1993年)
テンプレートを表示

私がオバさんになっても(わたしがオバさんになっても)は、1992年6月25日に森高千里が発表した16枚目のシングル。CDコードはWPDL-4301。

概要[編集]

  • シングルにはアルバム『ROCK ALIVE』からカットされたシングルヴァージョンが収録されている。アルバムの音源はフェイドアウトで終わるが、シングルの音源はフェイドアウトせずに終わる。なお1995年にリリースされたベストアルバム『DO THE BEST』には『ROCK ALIVE』盤の音源が収録された為、シングル盤の音源は今作と1999年にリリースされた『The Best Selection of First Moritaka 1987-1993』でしか聴く事が出来ない。またライブでは、「女ざかりは19」という部分を「女ざかりは29」に替えて歌われることもある。
  • カップリングの「自転車通学」は、アルバム未収録楽曲。森高自身が学生時代自転車通学をしていた頃のエピソードが元になっている。

収録曲[編集]

  1. 私がオバさんになっても(Single Version)
  2. 自転車通学
    作詞:森高千里、作曲・編曲:高橋諭一

カバー[編集]

関連項目[編集]