田中幹保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田中 幹保 Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1955年3月18日(59歳)
出身地 兵庫県飾磨郡夢前町(現姫路市
身長 195cm
体重 87kg
血液型 A
選手情報
ポジション レフト
指高 245cm
利き手
スパイク 330cm
テンプレートを表示

田中 幹保(たなか みきやす、1955年3月18日 - )は、日本のバレーボール元選手(元全日本代表)・指導者。

兵庫県飾磨郡夢前町(現姫路市)出身。現在プレミアリーグ堺ブレイザーズ副部長。元バレーボール全日本男子代表監督。堺市教育委員[1]

来歴・人物[編集]

兵庫県立姫路東高校から1973年新日鐵に入社。強烈なスパイクを武器に1年目からレギュラーとして活躍。同年の都市対抗全日本選手権大会(現・黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会)ではチームのベスト4進出の原動力となる。

同年、18歳で全日本代表に初選出され、以後オリンピックに2回(モントリオールロサンゼルス)、ワールドカップには2回出場。1977年ワールドカップ東京大会では銀メダルを獲得した。

ロサンゼルスでは、下村英士とともにドーピング疑惑で失格となり話題となった。マッサージ師に処方された葛根湯に含まれていた麻黄に、IOCで禁止となっているエフェドリンが含まれていたことによる。

日本リーグでも新日鉄の11回のリーグ優勝に大きく貢献し、最優秀選手を7回・スパイク賞を4回獲得。1986年からは監督も兼任し、198991年には監督・選手としてリーグ3連覇を成し遂げた。

1991年、現役引退。199394年にはアメリカイタリアコーチ留学。その後全日本ジュニアの監督を経て、2000年10月寺廻太の後任として全日本男子代表監督に就任。バルセロナ大会以来のオリンピック出場を目指したが、2004年アテネオリンピック世界最終予選で敗れ、オリンピック出場は出来なかった。同大会終了後に監督を退き、現在は堺ブレイザーズ副部長を務めている。

長女である田中聖美も元バレーボール選手で現在は堺ブレイザーズスクールコーチ。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
選手
兵庫県立姫路東高校新日鐵
監督
新日本製鐵選手兼任含む)→全日本男子代表

受賞歴[編集]

  • 1974年 - 第7回日本リーグ ベスト6
  • 1975年 - 第8回日本リーグ ベスト6
  • 1976年 - 第9回日本リーグ ベスト6
  • 1977年 - 第10回日本リーグ 殊勲賞、スパイク賞、ベスト6
  • 1978年 - 第11回日本リーグ 敢闘賞、ベスト6
  • 1979年 - 第12回日本リーグ 殊勲賞、スパイク賞、ブロック賞、ベスト6
  • 1980年 - 第13回日本リーグ 殊勲賞、サーブ賞、ベスト6
  • 1981年 - 第14回日本リーグ 殊勲賞、スパイク賞、ベスト6
  • 1982年 - 第15回日本リーグ 敢闘賞、スパイク賞、ベスト6
  • 1983年 - 第16回日本リーグ 殊勲賞、ベスト6
  • 1984年 - 第17回日本リーグ 敢闘賞、ベスト6
  • 1987年 - 第20回日本リーグ 敢闘賞、ベスト6
  • 1989年 - 第22回日本リーグ 最優秀監督賞、殊勲賞、ベスト6
  • 1990年 - 第23回日本リーグ 最優秀監督賞、殊勲賞、ベスト6
  • 1991年 - 第24回日本リーグ 最優秀監督賞
  • 2007年 - Vリーグ栄誉賞

脚注[編集]