下村英士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
下村 英士
Shimomura Eiji
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1959年10月31日(55歳)[1]
出身地 三重県松阪市
ラテン文字 Shimomura Eiji
身長 186cm[1]
体重 73kg[2]
血液型 B型[2]
選手情報
愛称 エイジ[2]
ポジション セッター
指高 238cm[2]
スパイク 330cm[2]
テンプレートを表示

下村 英士(しもむら えいじ、1959年10月31日[1] - )は、日本の元男子バレーボール選手、バレーボール指導者。三重県松阪市出身。ロサンゼルスオリンピック全日本男子代表。

来歴[編集]

松阪工高大阪学院大を卒業後、1982年に日本専売公社(現日本たばこ産業)中国支部に入社。専売広島バレー部(現JTサンダーズ)に入部。猫田勝敏に鍛えられ、リーグ屈指のセッターに成長。1984年日本リーグスパイク賞受賞。[3]

一方、全日本では1983年にユニバーシアード代表に選出され、同年にはアジア選手権では優勝した。翌1984年、ロサンゼルスオリンピック全日本代表に選出される。翌1985年ワールドカップにも出場した。

1994年から始まったVリーグにもJTサンダーズの一員として引き続き参加。この頃からコーチを兼任し、同時期に広島テレビ放送進め!スポーツ元気丸に解説者として出演していた。

1998年3月に選手引退JTを退部、日本バレーボール協会入りし全日本ジュニア男子監督に就任。[3]

2000年、ゲンナジー・パルシン監督の要望によりJTに選手兼任コーチとして復帰[3]、2001年黒鷲旗優勝。翌2002年5月現役引退、選手生活19年間で日本リーグおよびVリーグ通算324試合に出場した[3]。ちなみに、引退当時は最年長選手記録であったが、のちに増成一志が更新している[4]

2001年から、広島県バレーボール協会強化委員長に就任、トップス広島バレーボール学校の講師として活躍。2007年からは県バレーボール協会専務理事に就任。ちなみに、五輪選手の地方協会専務理事就任は日本初[5]

2009年現在、県バレーボール専務理事の他、トップス広島理事、NHK中国放送で解説者として活躍している。

エピソード[編集]

ドーピング騒動[6][7]

1984年ロサンゼルス五輪の時、田中幹保とともに、日本人の五輪史上としては初であり2010年現在唯一であるドーピング検査の陽性反応が出た。

下村の場合は、テストステロンの異常値がみられたことから。ただしこれが男性ホルモンの一種で生成に個人差があることから「執行猶予付き有罪」とされ隔離された。日本オリンピック委員会はこれを不服として再調査を行った結果、下村の特異体質ということがわかった。これを受けて無罪となったが、国際オリンピック委員会は五輪で隔離した判定について何も弁明はなかった。これ以降のドーピング検査ではテストステロンの陽性検査の方法が変更された。

球歴[編集]

略歴[編集]

  • 三重県立松阪工業高等学校
  • 大阪学院大学
  • 専売広島/JTサンダーズ選手 (1982-1998年)
  • 全日本ジュニア男子監督 (1998-2000年)
  • JTサンダーズ選手 (2000-2002年)
  • 広島県バレーボール協会強化委員長 (2001-2006年)
  • 広島県バレーボール協会専務理事(2007-)

出典[編集]

  1. ^ a b c 前田 悟選手が入部、下村 英士コーチ兼選手が勇退”. JT公式(Internet Archive). 2010年9月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e 月刊バレーボール1989年1月号臨時増刊 '89チームの顔 53ページ
  3. ^ a b c d Vリーグ男子JTの下村が引退”. 中国新聞(Internet Archive) (2002年5月13日). 2009年5月6日閲覧。
  4. ^ 46歳 増成の挑戦”. 大分合同新聞 (2008年12月31日). 2008年12月31日閲覧。
  5. ^ 専務理事に下村氏”. 中国新聞 (2007年3月19日). 2007年3月19日閲覧。
  6. ^ 「何でも薬で..」の落とし穴”. ケミカルドラッグ(毎日新聞からの転用) (1984年12月13日). 2010年9月27日閲覧。
  7. ^ ドーピングコントロール”. スポーツの鉄人に聞け!. 2010年9月27日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]