葛根湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

葛根湯(かっこんとう)は、漢方方剤の一。出典は『傷寒論』・『金匱要略』。

」の文字を用い「根湯」と表記する場合もある[1]

葛根湯には、プエラリンダイゼインパエノフロリン桂皮酸グリチルリチンエフェドリンジンゲロールが含まれている[2]。主要な活性成分は、エフェドリンおよびプソイドエフェドリンとされている[3]

構成生薬[編集]

葛根湯の主成分である葛根

基本方剤である桂枝湯(桂枝・芍薬・生姜・大棗・甘草)に葛根・麻黄を加えたものである。

桂枝湯は弱い発汗薬であるが、これに強い発汗薬である麻黄を加え、より発汗作用を強化している。また、葛根には鎮痛作用がありとくに首筋の凝りをとる作用があるとされる。なお、虚証、寒証の人は葛根湯ではなく桂枝湯を用いる。

芍薬は漢方薬の代表的な鎮痛剤の一つ。生姜・大棗は方剤全体の副作用を緩和する目的でペアで多数の方剤に使われる。甘草には元来喉の痛みをやわらげる作用があるが配合されている量が少ないことからあまり効果が期待されておらず、副作用を緩和する目的で加えられたと考えられる。

原典には、葛根と麻黄を先に煎じ、後から他の生薬を加えてさらに煎じるとされている。この方法は麻黄の主成分であるエフェドリンをより多く抽出することができる。

適応[編集]

  • 風邪の初期で寒気があり、肩や首筋のこり、頭痛、鼻水、鼻詰まりなどの症状。
  • 頭痛。肩こり。神経痛。筋肉痛
  • 初期で慢性化していないもの。

鑑別[編集]

  • 強い発汗作用があるので通常汗をかきやすいものには不向き。
  • 咳や喉の痛みには余り効果がない。口渇があるような明らかな熱証の場合には用いてはいけない。この場合は銀翹散を用いる。
  • 虚弱者には桂枝湯や参蘇飲香蘇散麻黄附子細辛湯などを用いる。
  • 鼻詰まりの改善を目的とする場合、副鼻腔炎を併発している場合は、辛夷清肺湯を用いる。
  • 高熱がある場合は、地竜を用いる。
  • 関節の痛みが強いものには麻黄湯を用いる。
  • 独活を加えた独活葛根湯もある。

局方収載[編集]

第十五改正の日本薬局方から、上記構成生薬を乾燥エキス化した「葛根湯エキス」(Kakkonto Extract)が収載された[1][5]

医学的研究[編集]

一つの研究は、「葛(Pueraria lobata)は、ALDH2の阻害剤であるため、二日酔いの解消のための生薬としては不適当であるように思われる」と結論付けている[6]。葛根湯を摂取した15〜30分後、飲酒者は交感神経機能の亢進を示し、これが風邪症候群の治療における重要な役割を果たす期間かもしれない[7]。また、ある気道感染に対してよい効果を示すという研究例や[8]、マウスにおいて食品アレルギー関連消化管症状を和らげるという研究例がある[9]

葛根湯を題材にした作品[編集]

  • 葛根湯医者落語
    • 落語の枕話の一つ。「頭が痛い」「腹が痛い」「目が痛い」などのどんな患者にも葛根湯を処方してごまかしてしまう。しまいには付添いの人にまで「まあ、いいから」と葛根湯を飲ませるという藪医者の話。

葛根湯医という言葉は上記の通り藪医者という意味合いと、漢方薬というのは数種類の薬剤を調合したものであるから、必要とあらば一つの処方でも取捨選択次第で何種類ものバリエーションが存在するため、それを使いこなせる知識を持った名医であるという意味合いの、2つの側面を持つ[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「医薬品各条 生薬等 葛根湯エキス」『第十五改正日本薬局方』p1191 (PDF) 、厚生労働省公式webページ、2009年2月4日閲覧
  2. ^ Hsi-Ya Huang (1997). “Determination of puerarin, daidzein, paeoniflorin, cinnamic acid, glycyrrhizin, ephedrine, and [6]-gingerol in Ge-gen-tang by micellar electrokinetic chromatography”. Anal. Chim. Acta 351 (1–3): 49–55. doi:10.1016/S0003-2670(97)00349-8. 
  3. ^ Inotsume N, ukushima S, Goto N, Hayakawa T, Imai S, Inotsume N, Toda T, Yanaguimoto H (2009). “Pharmacokinetics of Ephedrine and Pseudoephedrine after Oral Administration of Kakkonto to Healthy Male Volunteers”. 臨床薬理 40 (3): 79-83. doi:10.3999/jscpt.40.79. 
  4. ^ 大塚敬節 『漢方医学』 創元社〈創元医学新書〉、1990年2月1日(原著1956年7月25日)、第3版、p.p.208。ISBN 4-422-41110-1
  5. ^ 合田幸広「第15改正日本薬局方に漢方エキス収載される:葛根湯、加味逍遙散、苓桂朮甘湯、補中益気湯、柴苓湯、大黄甘草湯の6処方」『漢方医薬学雑誌』2006年、14巻、1号、p162-163
  6. ^ McGregor NR (2007). “Pueraria lobata (Kudzu root) hangover remedies and acetaldehyde-associated neoplasm risk”. Alcohol 41 (7): 469-478. doi:10.1016/j.alcohol.2007.07.009. PMID 17980785. 
  7. ^ 矢​久​保​修​嗣​、木​下​優​子​、荒​川​泰​行、島​袋​宏​明、北​中​進「葛根湯の自律神経作用に対する心拍変動による検討」第43巻第4号、2006年NAID 10018387738
  8. ^ 入船 賢司「アリナミンFと葛根湯が除菌に有効であった緑膿菌性慢性気道感染症の1例」、『日本呼吸器学会雑誌』第47巻第3号、2009年、 218-221頁、 PMID 19348269
  9. ^ Yamamoto T, Fujiwara K, Yoshida M, Kageyama-Yahara N, Kuramoto H, Shibahara N, Kadowaki M (2009). “Therapeutic effect of kakkonto in a mouse model of food allergy with gastrointestinal symptoms”. Int. Arch. Allergy Immunol. 148 (3): 175-185. doi:10.1159/000161578. PMID 18849609. 
  10. ^ 古村和子「矢数道明先生生誕百年記念原稿 漢方薬の効き目の根拠(EBM)(下)」『漢方の臨床』、2006年、53巻、2号、p351

関連項目[編集]