牧神の午後への前奏曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

『「牧神の午後への前奏曲』 (ぼくしんのごごへのぜんそうきょく:Prélude à "L'après-midi d'un faune"ホ長調 は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシー1892年から1894年にかけて作曲した管弦楽作品であり、彼の出世作である。

概要[編集]

この曲はドビュッシーが敬慕していた詩人 マラルメ の『牧神の午後』(『半獣神の午後』)に感銘を受けて書かれた作品である。" 夏の昼下がり、好色な牧神が昼寝のまどろみの中で官能的な夢想に耽る"という内容で、牧神の象徴である「パンの笛」をイメージする楽器としてフルートが重要な役割を担っている。牧神を示す主題はフルートソロの嬰ハ(Cis,C#)音から開始されるが、これは楽器の構造上非常に響きが悪いとされる音であり、なおかつ音域は華やかでない中音域である[1]。しかし、ドビュッシーはこの欠点を逆手にとり、けだるい、ぼんやりとした独特な曲想を作り出すことに成功している。フランスの作曲家指揮者ブーレーズは「『牧神』のフルートあるいは『』のイングリッシュホルン以後、音楽は今までとは違ったやり方で息づく [2]」と述べており、近代の作品で非常に重要な位置を占めるとされる。曲の終盤ではアンティークシンバルが効果的に使用されている。

この後、ドビュッシーは、歌曲集『ビリティスの3つの歌』(1898年)、無伴奏フルートのための『シランクス』(1913年)、ピアノ連弾曲『6つの古代碑銘』(1914年)などの作品で牧神をテーマにしている。また、ラヴェルのバレエ音楽『ダフニスとクロエ』(1912年初演)にも牧神(パンの神)が登場する。

初演[編集]

初演は1894年12月22日パリ国民音楽協会においてギュスターヴ・ドレ指揮により行われた。革新的な語法を持ちながらも穏やかな性格を持つこの曲は初演から好評で迎えられ、2度のアンコールに応えたという。

日本初演はドビュッシーの死後2年たった1920年12月28日に、帝国劇場にて山田耕筰指揮、日本楽劇協会によって行われた。この時にカンタータ「放蕩息子」も同時に初演された。

編成[編集]

バレエ化[編集]

バレエ『牧神の午後』を演じるニジンスキーの衣装

ヴァーツラフ・ニジンスキーの振り付けでバレエ・リュスにより1912年バレエ振り付けを伴って 『牧神の午後』(L'après-midi d'un faune) の題名で上演。この時、曲の終盤でニジンスキー自身が自慰行為を露骨に再現した振り付けを行いスキャンダルとなる。このバレエ初演の振り付けはのちに復活上演されており、映像LDも商業流通している。

管弦楽以外の編曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「【新音楽鑑賞法】名曲に何を聞くか〜音楽理解のための分析的アプローチ〜」田村和紀夫著、音楽の友社、2004年 ISBN 4276101433
  2. ^ P.ブーレーズ、船山隆・笠羽映子訳『ブーレーズ音楽論 - 徒弟の覚書』晶文社、1982年、40ページ

外部リンク[編集]