煮魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

煮魚(にざかな)とは、水やつゆなどの液体の中へ魚を入れ、熱を通してを煮て柔らかくする調理。煮物煮付け料理の一つ。おふくろの味の一つにも挙げられる。

用例[編集]

ヒラメの煮付け

調理方法[編集]

  • 基本的に、水が沸騰した状態から魚を煮るが、扱う魚によって(サバ等)は、水の状態から煮る場合もある。これは、アク・生臭さの強い魚がある為で、臭いを抑える為である。

補足[編集]

  • 魚の生臭い臭い消しに、薬味調味料としてショウガネギ等を用い、魚と一緒に煮たり、隠し味として使う。
  • 扱う魚や地域差によって、魚が一緒でも調理方法・味付けが異なる。

関連項目[編集]