火星 (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

火星(かせい)は、第二次世界大戦期に三菱重工業開発製造した航空機空冷星型エンジンである。

開発[編集]

三菱が、本来大型機用として開発した金星が、出力不足で大型機には能力不足であるということが判明したため、金星をベースにしてさらに大排気量のエンジンを開発することとなり、1938年(昭和13)年2月に開発に着手した。初号機の完成は同年9月である。

一式陸上攻撃機に搭載された火星11型

その後各種の試験を経て、昭和14年には海軍に3基、陸軍に4基納入している。本エンジンの海軍での試作名称は十三試へ号、陸軍ではハ101と呼称された。火星は海軍での量産型の名称である[1]。大戦後期の陸海軍統合名称はハ32であった。

1940年(昭和15年)火星一一型量産開始、この年は海軍に140基、陸軍に137基納入している。すぐに出力軸の減速装置を変更した火星一二型に移行する[2]。次いで1941年(昭和16年)には水メタノール噴射装置を採用し高回転化、高ブースト化した性能向上型が登場し、火星二◯型として採用されるようになる。この性能向上型に関しては、陸軍ではハ111という名称が割り当てられたものの、陸軍では火星の18気筒版とも言えるハ104を採用したため、ハ111を搭載した陸軍機は生産されることは無かった。

火星一◯型/ハ101の生産時期は、1938年(昭和13年) - 1944年(昭和19年)、総生産基数は計7,332基、火星二◯型/ハ111の生産時期は、1941年(昭和16年) - 1945年(昭和20年)、総生産基数は計8,569基であった。

主要諸元[編集]

火星一一型(ハ101相当)[編集]

  • タイプ:空冷複列星型14気筒
  • ボア×ストローク:150mm×170mm
  • 排気量:42.1L
  • 全長:1,575mm
  • 全幅:1,340mm
  • 乾燥重量:725 kg
  • 燃料供給方式:キャブレター
  • 圧縮比:6.5
  • 過給機:遠心式スーパーチャージャー1段2速
  • 離昇馬力 
    • 1,530HP / 2,450RPM / ブースト+270mmhg
  • 公称馬力 
    • 一速全開 1,410HP / 2,350RPM / ブースト+180mmhg (高度2,000m)
    • 二速全開 1,340HP / 2,350RPM / ブースト+180mmhg (高度4,000m)

火星一五型[編集]

  • 離昇馬力 
    • 1,460HP / 2,450RPM
  • 公称馬力 
    • 一速全開 1,420HP / 2,350RPM (高度2,600m)
    • 二速全開 1,300HP / 2,350RPM (高度6,000m)

火星二三型甲[編集]

二一型を十四試局地戦闘機改(試製雷電)向けに変更。

  • 全長:1,945mm
  • 全幅:1,340mm
  • 乾燥重量:860 kg
  • 燃料供給方式:燃料噴射装置
  • 圧縮比:6.5
  • 過給機:遠心式スーパーチャージャー1段2速
  • その他:水メタノール噴射装置、強制冷却ファン
  • 離昇馬力 
    • 1,820HP / 2,600RPM / ブースト+450mmhg
  • 公称馬力 
    • 一速全開 1,600HP / 2,500RPM / ブースト+300mmhg (高度1,300m)
    • 二速全開 1,520HP / 2,500RPM / ブースト+300mmhg (高度4,100m)

火星二五型乙(ハ111相当)[編集]

二三型の振動の原因であった、プロペラとの共振を抑えるため、減速比を変更。

  • 乾燥重量:760 kg
  • 離昇馬力 
    • 1,850HP / 2,600RPM
  • 公称馬力 
    • 一速全開 1,680HP / 2,500RPM (高度2,100m)
    • 二速全開 1,540HP / 2,500RPM (高度5,500m)

主な搭載機[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 次位の数字は、十の位が大幅な設計変更順、一の位が少変更順を意味し、さらに同時期に生産されるもので仕様に違いがある場合は、順に甲、乙、丙、丁(以下略)が付される。また、一の位を◯(まる)とした場合は発動機の1型式ではなく、同等の設計、性能を持つ「系列」(グループ) 全体を指す。機体と同様、型式の下一桁には「◯」や「0を使わず、初型式は「一一型」である。なお、戦後航空ファンの間では、系列の「一◯」を「1X」とする例も見られる。
  2. ^ 火星一◯型取扱説明書に「一二型は一一型と減速装置を異にするのみにて、他はまったく同一なり」とある。

参考文献[編集]

  • 日本航空学術史編集委員会編 『日本航空学術史』
  • 松岡久光 『三菱航空エンジン史』 三樹書房、2005年9月

外部リンク[編集]