BMW VI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BMW VI

BMW VI1920年代ドイツBMWで開発された航空機用液冷式V型12気筒エンジンである。第二次世界大戦前のドイツの主要航空エンジンの一つであった。

設計と開発[編集]

BMW VI はBMW IVの気筒数を倍にした発展型である。最初の12気筒エンジンは60度のバンク角で作られた。

1926年に生産を開始し、既に1,000基のBMW VIが供給された後で、1930年からドイツが再び軍用機の生産を許されると、追加需要により生産量は急速に上昇した。1933年にはBMW VI はBMW初の燃料直接噴射方式の実験に用いられた。

BMW VI は多くの出力と長距離飛行の記録を樹立した。その中には1930年の、ウォルフガング・フォン・グロナウの、2基のBMW VIを搭載したドルニエ Do.J 飛行艇による世界初の東から西への大西洋横断も含まれる。

BMW VI は"シーネンツェッペリン"高速鉄道試験車両にも使用され230.2km/hの記録を樹立した。

多くの派生型が開発され日本ソビエトでもライセンス生産された。

日本では日本陸軍が採用し、川崎がライセンス生産し、「ベ式四五〇馬力発動機」(BMW-6)という陸軍制式名称で呼ばれる。

ソビエトではミクーリン M-17としてライセンス生産し、1930年から1941年にかけて27,000基以上が生産された。ソ連軍の航空機や戦車に搭載され、独ソ戦において皮肉にもドイツ軍を苦しめた。

主な搭載機[編集]

性能諸元(BMW VI d)[編集]

  • 形式: 液冷V型12気筒
  • ボア×ストローク: 160 mm×190 mm
  • 排気量: 46.9 L
  • 圧縮比: 7.3
  • 全長: 1810 mm
  • 全幅: 859 mm
  • 全高: 1103 mm
  • 乾燥重量: 510 kg
  • 出力: 750 ps/1700 rpm(離昇)

関連[編集]

脚注[編集]

Gunston, Bill (1986). World Encyclopedia of Aero Engines. Wellingborough: Patrick Stephens. pp. 25.