漂着物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

漂着物(ひょうちゃくぶつ)は、主に海辺に漂着したさまざまな物をいう。その内容は多彩を極め、ときに観察蒐集の対象となることもある。

概要[編集]

日本は四方をに囲まれていることもあって、古来より漂着物には大変恵まれている。漂着物は時代や場所とともにその内容を変える。漂着物を観察し、あるいは吟味することは、その場所やその時代を知る上での意味ある行為である。

海岸に打ち上げられている漂着物は、海岸線と平行に帯状に分布しており、「打上げ帯」と呼ばれている[要出典]

さまざまな漂着物[編集]

漂着物には、大きく分けて自然物人工物があり、自然物でもっとも一般的に見られ、またイメージされるものとしてはがある。その形や大小はまちまちながら、それゆえ漂着物の中でも面白く人気がある[要出典]

人工物では、プラスティックビニール類が多く、かつては砂浜浣腸器が多数打ち上げられていた時期もあった[要出典]が、最近[いつ?]ペットボトルが圧倒的に多い。また、日本海側の海岸では朝鮮半島中国からの漂着物が多く、太平洋側とは大きく異なっている。

漂着物の例

京都府島影の漂流物
ブイ
  • 自然物
流木
木の実
海草
(生きたもの、あるいは死んだもの。生きた回遊魚などが大量に打ち上げられることもある)
ヒトデ
動物死骸
サンゴ
軽石
死体
  • 人工物
難破船
漁具(黒球が多い。魚網イカ釣り漁船漁火用の電球など)
釣具
空き缶ペットボトル
発泡スチロール
楽器
注射器浣腸器等の医療廃棄物
下着
廃油ボール
ラジオゾンデ

漂着物と作品[編集]

  • 島崎藤村 叙情詩『椰子の実』

漂着物が人にインスピレーションを与え、作品として生まれたもっとも有名な例では、民俗学者である柳田國男1898年明治31年のに、伊良湖にしばらく滞在した際に偶然拾った椰子の実の話を、親友の島崎藤村に語ったところ、それがモチーフとなり、「名も知らぬ遠き島より流れよる椰子の実ひとつ・・・」の歌詞で知られる叙情詩椰子の実」が誕生した。藤村自身は実際にその椰子の実を見たわけではないが、柳田國男が優れた文学者に強いインスピレーションを与えたのである。その後、1936年昭和11年)、歌詞に大中寅二によってメロディーが付けられ、NHKで放送され、国民歌謡として広く知られるようになった。現在も、日出園地には「椰子の実」誕生の記念碑がある。

  • つげ義春ねじ式 冒頭のメメクラゲに左腕を噛まれた少年がさまよう海辺に、木の漂着物がリアル描かれている。

漂着種子[編集]

ココヤシの実

漂着物の中に植物の果実種子等の散布体が混じり、漂着後発芽する場合がある。このような種子を漂着種子と言う。さらに海流による散布のための適応を持つような種子を海流散布種子、その植物を海流散布植物と呼ぶ。これは植物の重要な繁殖戦略の1つである。熱帯系の植物に多く、上述の島崎藤村の「椰子の実」に歌われたココヤシもその代表的な例である。漂着種子は、種子を保護するため果肉や種皮が厚い、海水に浮くため繊維層を持つなどの特徴を持つ。またヒルギ類等の胎生種子も漂着種子の例である。動物の場合も漂着から分布を拡大する例があると考えられ、海流による分散は動物の分布に大きな意味を持つ。

漂着種子をつくる植物
ヤシ科 - ココヤシなど
サガリバナ科 - ゴバンノアシサガリバナ
アオギリ科 - サキシマスオウノキ
マメ科 - クロヨナイソフジ
ヒルギ科 - オヒルギメヒルギ
ハスノハギリ科 - ハスノハギリ

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]