サガリバナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サガリバナ
クロンキスト体系
Barringtonia racemosa Blanco2.240.png
サガリバナ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: サガリバナ目 Lecythidales
: サガリバナ科 Lecythidaceae
: サガリバナ属 Barringtonia
: サガリバナ B. racemosa
学名
Barringtonia racemosa (L.) Spreng.

サガリバナBarringtonia racemosa)はサガリバナ科の常緑高木東南アジア一帯の熱帯亜熱帯に分布し、日本では南西諸島奄美大島以南)に自生する。マングローブの後背地や川沿いの湿地に生育し、花が美しいので栽培もされる。

総状花序が垂れ下がり、花は横向きにつく。花は夏から秋にかけて夜間に開き、芳香を放つ。花弁は白または淡紅色で4枚あり、おしべは多数。