ヒルギ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒルギ科
Rhizophara mucronata.jpg
ヤエヤマヒルギ Rhizophora stylosa
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: ヒルギ目 Rhizophorales
: ヒルギ科 Rhizophoraceae
学名
Rhizophoraceae

本文参照

ヒルギ科(Rhizophoraceae)は双子葉植物の科で、熱帯から亜熱帯に分布する16属120種ほどの常緑木本からなる。

クロンキスト体系では単独でヒルギ目(Rhizophorales)とする。APG植物分類体系ではキントラノオ目(Malpighiales)に入れており、コカノキ科に近縁で、これをヒルギ科に含めることも認められている。

ヒルギ科の植物は、対生または輪生で、蜜腺と通常は5枚の花弁を持つ虫媒花を持つ。多くは雌雄同株で、まれに雌雄異株である。

マングローブを構成する樹種が多く、これらは種子が樹上で発芽する(胎生種子)という特殊な性質がある。しかし陸上で生育する種も多く、これらは胎生種子をつけない。

属と分布[編集]

世界では旧世界を中心に16属が分布しており、このうち日本では九州南部以南にオヒルギメヒルギヤエヤマヒルギの3属3種が自然分布する。

オヒルギ。細長い棒状のものが胎生種子

利用[編集]

いくつかの種が水面下での工事やくい打ちに使用する木材となる。樹皮からタンニンを精製する。