柳亭種彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ryutei Tanehiko.jpg

柳亭 種彦(りゅうてい たねひこ、天明3年5月12日1783年6月11日)- 天保13年7月19日1842年8月24日))は、江戸時代後期の戯作者。長編合巻偐紫田舎源氏』などで知られる。

生涯[編集]

江戸本所に生まれ、間もなく御徒町へ移った。幼名は主税、は敬之。食禄200俵の旗本の、一人っ子だった。通称彦四郎、寛政8年(1796年)14歳のとき、父甚三郎が没し、家督を継ぎ、高屋彦四郎知久を名乗った。食録二百俵。別号、足薪翁、木卯、偐紫楼。

頑健ではなく、「文武」のうちの「文」にいそしみ、少年期から漢籍に通じた。歌舞伎浄瑠璃を好み、それらの脚本を収集し研究し、井原西鶴近松門左衛門に傾倒した。狂歌を、はじめ唐衣橘洲に、次いで宿屋飯盛こと石川雅望に学んだ。雅望は国学の師でもあった。川柳の、三世川柳(1776 - 1827)の社中に入った。さらに、23歳のころに妻とした勝子は、国学者加藤美樹の孫で、加藤家の蔵書を自由に読めるようになった。俳書を集め、漢画を習ったことも、のちの出版に役立った。凝り性で詮索好きの、学究肌だった。

狂歌の狂名は、はじめ『柳の風成』、のちに『心の種俊』。『柳亭種彦』のペンネームは、これらから来る。

文化3年(1806年)24歳のとき、読本『阿波の鳴門』ほかを、翌年、唯一の洒落本『山嵐』ほかを出版して、烏亭焉馬山東京伝山東京山葛飾北斎歌川国貞らと交わるようになったが、文化8年(1811年)の『鱸庖丁青砥切味』以降、合巻に力を注いだ。

文化12年(1815年)(33歳)から天保2年(1831年)(49歳)にわたって中編集、『正本製』(しょうほんじたて)全12編を刊行した。人気演目の翻案を「正本(芝居の脚本)風に仕立てた」シリーズで、国貞の挿絵とあいまって、全巻歌舞伎趣味に満ち、大いに迎えられた。各編の副題はつぎ。なお、版元は旧知の永寿堂西村屋与八だった。

初編:楽屋続絵 お仲清七/2編:曾我祭 小稲判兵衛/3編:当年積雪白標紙 顔見世物語/4編:昔模様女百合若 お菊幸介/5編:吾妻花 双蝶々/6編:難波花 蝶の後追 与五郎新狂言/7編:立物抄 一年がわりお染久松/8、9編:立物抄 お染久松物語/10 - 12編:(夕霧 伊左衛門・花咲綱五郎)

『正本製』の先が見えた文政12年(1829年)(47歳)から、長編、『偐紫田舎源氏』を刊行し始めた。絵師は国貞、版元は鶴屋喜右衛門。キャラクター商品が出回るほどの、ベストセラーになった。

『田舎源氏』が軌道に乗った天保5年(1834年)(52歳)から、『邯鄲諸国物語』の刊行を始めた。国内諸国を舞台にした伝奇物語集で、絵師は国貞、版元は栄久堂山本平吉だった。

天保7年(1836年)(54歳)のとき、浅草堀田原(現在の蔵前3丁目)に『偐紫楼』を新築し、長年の御徒町から移転した。

天保13年(1842年)(60歳)、水野忠邦天保の改革により譴責され、間もなく没した。自殺説もあるが、「ショックによる病死」説が多い。譴責は直接的には、『田舎源氏』への言いがかりだった。『邯鄲諸国物語』も中絶した。

芳寛院殿勇誉心禅居士。初め赤坂の浄土寺に葬ったが、明治40年(1907年)、東京府荏原郡(現、品川区荏原一丁目)の浄土寺墓地に改葬され、現存している。

種彦は、まず合巻作者とされているが、学識の実った考証的な随筆類も、少なからず遺している。『柳亭記』、『柳亭筆記』、『足薪翁記』などは、刊行年次が確認されていない。

主な著作[編集]

題名の前に種別を付けないのは、合巻である。

  • 文化4年(1807):読本『阿波之鳴門』(葛飾北斎画)、読本『奴の小万』(優遊斎桃川画)、読本『江戸紫三人兄弟』(桃川画)
  • 文化5年(1808):読本『近世怪談 霜夜星』(北斎画)、読本『総角物語前編』(あげまき…)(桃川画)、洒落本『山嵐』(盈斎北岱画)
  • 文化6年(1809):読本『浅間嶽面影草紙』(蘭斎北嵩画)、読本『総角物語後編』(桃川画)
  • 文化8年(1811):『鱸庖丁青砥切味』
  • 文化9年(1812):読本『逢州執著譚』(『浅間嶽面影草紙』後編)(北嵩画)
  • 文化10年(1813):読本『盛手粁昔木偶』(もじてすりむかしにんぎよう)(柳川重信画)、『瀬田橋龍女本地』(北斎画)
  • 文化12年(1815):『非情音介櫧烏囀』(…かけすのさえずり)、『正本製初編』
  • 文化13年(1816):『女模様稲妻染』(重信画)、『正本製2編』、『花紅葉一対若衆』(重信画)
  • 文化14年(1817):『忠孝義理詰物』(重信画)、『高野山万年草紙』(重信画)、『正本製3編』
  • 文政2年(1819):『千瀬川一代記』(国貞・歌川貞繁画)、『国字小説 三蟲拇戦』(…むしけん)(歌川豊国
  • 文政3年(1820):『浅間嶽煙姿絵』(重信画)、『南色梅早咲』(重信画)、『三国小女郎狐』(重信画)、『正本製4編』、『桔梗辻千種之衫』(…かたびら)(国貞画)、『二箇裂手細紫』(にこわり…)(国貞画)、『絵傀儡二面鏡』(えあやつり…)(国貞画)
  • 文政4年(1821):『娘修行者花道記』(国貞画)、『義経一代記抜萃 伏見常磐』(国貞画)、『左同 熊坂物語(歌川広重画)、『傾城盛衰記』(歌川国直画)、『浮世形六枚屏風』(豊国画)、『新型翻案 道中雙六』(国貞画)、『伊呂吉由縁藤沢』(国貞画)、『娘金平昔絵草紙』(国貞画)、『娘狂言三勝舙』(…ばなし)(国貞画)、『忍草売対花籠』(国貞画)
  • 文政5年(1822):『浮世一休花街問答』(…くるわ…)(豊国画)、『正本製5編』(国貞画)、『忠孝両岸一覧』(国直画)、『鯨帯博多合三国』(…とみくに)(国貞画)
  • 文政6年(1823):『比翼紋松鶴賀』(豊国画)、『操競三人女』(豊国画)、『正本製5編』(国貞画)、『お千代半兵衛 新うつぼ物語』(国貞画)、『正本製6編』、『小脇差夢の蝶鮫』(国貞画)、『水木舞扇猫骨』(国貞画)、『女郎花喩粟島』(国貞画)
  • 文政7年(1824):『正本製7編』、『灯籠踊秋花園』(国貞画)
  • 文政8年(1825):『唐人髷今国姓爺』(国貞画)、『正本製8編』、『浦里時次郎阿菊鴻助 花栬名所扇』(国貞画)、『近江表座敷八景』(国貞画)
  • 文政9年(1826):『笹色猪口暦手』(初代豊国・二代豊国画)、『鴈金紺屋作早染』(国貞画)、『人形筆五色絲蔵』(国貞画)、『蛙歌春土手節』(国貞画)/考証随筆『還魂紙料』(すきかえし)
  • 文政10年(1827):『お房小絲 柳絲花組交』(…くみまぜ)(国貞画)、『正本製9編』
  • 文政11年(1828):『正本製10編』、『袖笠雪白妙』(歌川国丸画)、『返すがえす丸に文月』(国貞画)、『敵討 忍笠時代蒔絵』(国丸画)、『伊呂波引寺入節用初編二編』(国貞画)
  • 文政12年(1829):『偐紫田舎源氏初編』、『正本製11編』、『関東小六昔舞台』(二代重政画)
  • 天保元年(1830):『田舎源氏2編3編』、『昔々歌舞妓物語初編』(国貞画)、『御誂染 遠山鹿子初編』(あつらえもの…)(国貞画)
  • 天保2年(1831):『正本製12編』、『田舎源氏4編5編』(国貞画)、『御誂染逢山鹿子2編』(国貞画)、『富士裾うかれの蝶鵆』(渓斎英泉画)、『昔々歌舞妓物語後編』(国貞画)、『鎌倉江ノ島大山新板往来双六』(葛飾北斎画)
  • 天保3年(1832):『御誂染 逢山鹿子3編』(国貞画)、『田舎源氏6編7編』、『奇妙頂礼地蔵道行』(国貞画)、『追善三瀬川上品下手』(…じょうぼん…)(国貞画)
  • 天保4年(1833):『田舎源氏8 - 10編』、『花桜木春の夜話』(英泉画)、『御誂染 逢山鹿子4編』(国貞画)、『出世奴小万伝』(国直画)
  • 天保5年(1834):『田舎源氏11 - 13編』(国貞画)、『若衆哉梅之枝振』(国貞画)、『浮世々説』(国貞画)、『邯鄲諸国物語初編2編』
  • 天保6年(1835):『田舎源氏14 - 17編』、『諸国物語3編』、『自問自答戯言句』(歌川国芳画)、『御誂染 逢山鹿子5編』(国貞画)
  • 天保7年(1836):『御誂染 逢山鹿子6編』(国貞画)、『田舎源氏18 - 21編』
  • 天保8年(1837):『田舎源氏22 - 24編』、『諸国物語4編』、『読宮城野忍昔』(国貞画)
  • 天保9年(1838):『田舎源氏25 - 27編』、『諸国物語5編』
  • 天保10年(1839):『田舎源氏28 - 31編』
  • 天保11年(1840):『田舎源氏32 - 34編』、『諸国物語6編』
  • 天保12年(1841):『田舎源氏35 - 38編』、『諸国物語7編8編』/考証随筆『用捨箱』
  • 天保13年(1842):『田舎源氏38編』

最近の出版[編集]

  • 鈴木重三校注:偐紫田舎源氏 上下、岩波書店 新日本古典文学大系88 & 89、(1995) ISBN 9784002400884 & 978-4002400891
  • 佐藤悟ほか校訂:柳亭種彦合巻集、 国書研究会 叢書江戸文庫35、(1995) ISBN 9784336035356
  • 柳亭筆記、「吉川弘文館 日本随筆大成第1期第4巻」中の一篇、(2007) ISBN 9784642040709
  • 還魂紙料、「同上、第1期第12巻」中の一篇、(2007) ISBN 9784642040785
  • 用捨箱、「同上第1期第13巻」中の一篇、(2007) ISBN 9784642040792
  • 足薪翁記、「同上第2期第14巻」中の一篇、(2007) ISBN 9784642041034

出典[編集]

  • 伊狩章:柳亭種彦、吉川弘文館 人物叢書 新装版、(1989) ISBN 9784642051743
  • 笹川種郎解題:柳亭種彦集、国民図書KK 日本文学大系19、(1926)
  • 山崎麓編:日本小説書目年表、国民図書KK 日本文学大系25、(1929)
  • 鈴木敏夫:江戸の本屋 上下、中公新書 568 & 571、(1980) ISBN 9784121005687 & 9784121005717

関連項目[編集]