東レ・アローズ (男子バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東レ・アローズ
原語表記 東レ・アローズ
ホームタウン 静岡県三島市
クラブカラー 青、白
創設年 1947年
所属リーグ V・プレミアリーグ
チーム所在地 静岡県三島市
体育館所在地 静岡県三島市
代表者 矢島久徳(代行)
監督 篠田歩(代行)
ホームページ 公式サイト
  

東レ・アローズ(とうレ アローズ)は、V・プレミアリーグ所属の静岡県三島市にある東レ三島工場の男子バレーボール部。

概要[編集]

発足は、1947年に滋賀県大津市の東洋レーヨン(現・東レ)滋賀工場にて9人制のバレーボールチーム『東洋レーヨン九鱗会』としてである。後に6人制となり、静岡県三島市の三島工場に移り現在に至る。

チームネームの『アローズ』とは、社内公募して誕生したもので、矢のような鋭さという意味が込められている[1]。また、2000年に女子強豪のユニチカ・フェニックスからチームを引き継ぎ、元本拠地である大津市に本拠地を置く女子チームにも同じチームネームが採用されている。

練習場は東レ総合研修センター横の体育館であり、練習見学も一部可能である[2]

実業団リーグ(現・Vチャレンジリーグ)に第1回から参加している。

ファンクラブは、東レとは別のボランティア団体が運営している[2]

歴史[編集]

チームは1947年に滋賀県大津市の滋賀工場で設立された9人制のバレーボールチーム『東洋レーヨン九鱗会』としてスタート。『九鱗会』とは、9人制であることと、Vの形を取る陣形『鶴翼魚鱗の陣』に由来する[3]

1961年に全日本都市対抗大会(現・黒鷲旗大会)で優勝すると、6人制でも活躍し、全日本総合6・9人制のタイトルを獲得して全国大会のタイトルを独占する。1963年、再び都市対抗(1962年に6人制に移行)で優勝を果たした。

1964年にチーム本拠地を三島工場に移した[3]

実業団リーグ(現・Vチャレンジリーグ)に第1回(1969/70シーズン)から参加。第1回では3位となる。

1970年、社名変更により、チーム名も『東レ九鱗会』となる。

第3回実業団リーグ(1971/72シーズン)で優勝、第4回準優勝で入替戦に出るものの、日本リーグ(現・Vプレミアリーグ)に昇格できずにいた。1975年、第6回実業団リーグで優勝して出場した入替戦で勝利し、ようやく日本リーグ昇格を果たした。

日本リーグでは下位に低迷し続け、4年後の1979年に実業団リーグ降格。その後しばらく実業団リーグ在籍が続き、1988年に10年ぶりの日本リーグ復帰を果たす。

復帰戦となった第22回(1988/89シーズン)以降、しばらくは下位に低迷しながらも日本リーグに残留し続ける。第24回は7位となり日本リーグ出場チーム決定戦(入替戦)出場となるものの、セット率でNKKナイツに勝ち残留した。

6人制に移行してからも長らく『東レ九鱗会』として活動を続けてきたが、1991年、社内公募により、チーム名が現在の『東レアローズ』となった[1]

泉川正幸がエースとしてデビューした第26回日本リーグ(1992/93シーズン)でチームが躍進し、自己最高の3位に入る。

1994年に日本リーグに替わってVリーグが開幕。第1回(1994/95シーズン)はレギュラーラウンドを1位突破するが、決勝トーナメントで連敗し4位で終わる。以降チームはしばらく低迷するが、第5回で準優勝、第6回でも準優勝を果たした。

第8回Vリーグ(2001/02シーズン)では、レギュラーラウンドを1位突破するが、決勝でサントリーサンバーズにフルセットで敗れ、惜しくも初優勝を逃す。しかし、同シーズンの黒鷲旗大会では39年ぶりとなる優勝を果たした。

第9回Vリーグは1勝差でファイナルラウンド進出を逃して5位。大混戦となった第10回Vリーグは、10勝11敗で終えるもの、セット率で7位となり久々の入替戦出場となる(警視庁に勝って残留)。

入替戦出場の悔しさから「総力結集」のスローガンで2004/05シーズンに臨んだ[3]。第11回Vリーグで、開幕20連勝のリーグ新記録を達成する快進撃を見せ、圧倒的な成績でレギュラーラウンド1位となる。ファイナルラウンドで決勝進出を果たし、優勝決定戦でNECブルーロケッツに連勝して、ついに悲願の初優勝を遂げた。同シーズンの黒鷲旗大会でも決勝でNECを降し優勝。2冠を達成した。第12回Vリーグは6位で終えるもの、同シーズンの黒鷲旗で連覇を果たした。2006/07V・プレミアリーグ(Vリーグより改称)で準優勝、2007/08シーズンも準優勝を果たす。

2008/09シーズンは、天皇杯で優勝。V・プレミアリーグでも決勝で堺ブレイザーズを破り2度目の優勝を果たした。女子も東レアローズが優勝し、2008/09V・プレミアリーグアベック優勝の快挙ともなった。2冠達成となり、史上初の3冠達成を目指して臨んだ黒鷲旗では、決勝でパナソニック・パンサーズに敗れ、惜しくも3冠はならなかった。

以降、そのパナソニックの躍進もありV・プレミアリーグ制覇から離れるが、しばらくは連続して4強入りを果たし、安定した成績を残す。2011年黒鷲旗で優勝。2011/12V・プレミアリーグはレギュラーラウンドを圧倒的な成績で1位突破し、決勝進出も果たすが、決勝でパナソニックにフルセットの末惜敗し優勝を逃している。2012/13シーズンもセミファイナルラウンド最終戦でパナソニックに敗れたことで決勝進出を逃し、篠田歩は当シーズン限りで引退する宇佐美大輔との最後の勝負に勝てなかったことを悔やんだ[4]

2014年12月、東京体育館で開催されていた平成26年度天皇杯皇后杯バレーボール選手権大会に出場中、所属選手が窃盗容疑で逮捕され同大会を出場辞退した[5]。東レは自らの処分として、(1)当該選手の無期限活動停止、(2)部長・監督の今季活動停止を発表した[6]

成績[編集]

主な成績[編集]

日韓Vリーグトップマッチ
  • 優勝 1回(2009年)
Vリーグ/プレミアリーグ
Vカップ
  • 優勝 1回(2001年)
全日本総合(6人制)
都市対抗/黒鷲旗全日本選抜
天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会
国民体育大会成年男子(6人制)
国民体育大会成年男子(9人制)

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数 勝率
実業団リーグ 第1回 (1969/70) 3位 6チーム 10 4 6 0.400
第2回 (1970/71) 4位 6チーム 10 5 5 0.500
第3回 (1971/72) 優勝 6チーム 10 8 2 0.800
第4回 (1972/73) 準優勝 6チーム 10 7 3 0.700
第5回 (1973/74) 3位 6チーム 10 7 3 0.700
第6回 (1974/75) 優勝 6チーム 10 10 0 1.000
日本リーグ 第9回 (1975/76) 5位 6チーム 10 3 7 0.300
第10回 (1976/77) 5位 6チーム 10 2 8 0.200
第11回 (1977/78) 6位 6チーム 10 1 9 0.100
第12回 (1978/79) 6位 6チーム 10 0 10 0.000
実業団リーグ 第11回 (1979/80) 5位 6チーム 10 1 9 0.100
第12回 (1980/81) 4位 6チーム 10 3 7 0.300
第13回 (1981/82) 4位 6チーム 10 5 5 0.500
第14回 (1982/83) 準優勝 6チーム 10 6 4 0.600
第15回 (1983/84) 準優勝 8チーム 14 11 3 0.786
第16回 (1984/85) 準優勝 8チーム 14 11 3 0.786
第17回 (1985/86) 4位 8チーム 14 8 6 0.571
第18回 (1986/87) 3位 8チーム 14 11 3 0.786
第19回 (1987/88) 優勝 8チーム 14 14 0 1.000
日本リーグ 第22回 (1988/89) 6位 8チーム 14 5 9 0.357
第23回 (1989/90) 6位 8チーム 14 3 11 0.214
第24回 (1990/91) 7位 8チーム 14 4 10 0.286
第25回 (1991/92) 5位 8チーム 14 8 6 0.571
第26回 (1992/93) 3位 8チーム 20 11 9 0.550
第27回 (1993/94) 5位 8チーム 14 7 7 0.500
Vリーグ 第1回 (1994/95) 4位 8チーム 21 15 6 0.714
第2回 (1995/96) 5位 8チーム 21 11 10 0.524
第3回 (1996/97) 6位 8チーム 21 10 11 0.476
第4回 (1997/98) 7位 8チーム 21 5 16 0.238
第5回 (1998/99) 準優勝 10チーム 18 13 5 0.722
第6回 (1999/00) 準優勝 10チーム 18 12 6 0.667
第7回 (2000/01) 3位 10チーム 18 13 5 0.722
第8回 (2001/02) 準優勝 10チーム 18 14 4 0.778
第9回 (2002/03) 5位 8チーム 21 12 9 0.571
第10回 (2003/04) 7位 8チーム 21 10 11 0.476
第11回 (2004/05) 優勝 8チーム 28 25 3 0.893
第12回 (2005/06) 6位 8チーム 28 15 13 0.536
V・プレミアリーグ 2006/07シーズン 準優勝 8チーム 28 22 6 0.786
2007/08シーズン 準優勝 8チーム 28 17 11 0.607
2008/09シーズン 優勝 8チーム 28 20 8 0.714
2009/10シーズン 3位 8チーム 28 19 9 0.679
2010/11シーズン 3位 8チーム 24 15 9 0.625
2011/12シーズン 準優勝 8チーム 21 19 2 0.905
2012/13シーズン 3位 8チーム 28 17 11 0.607
2013/14シーズン 4位 8チーム 28 15 13 0.536
2014/15シーズン 8チーム

選手・スタッフ[編集]

選手[編集]

2014年12月版[7][8]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 富松崇彰 TOMIMATSU 日本の旗 日本 MB
3 伏見大和 FUSHIMI 日本の旗 日本 MB
4 佐野翔 SANO 日本の旗 日本 WS
5 米山裕太 YONEYAMA 日本の旗 日本 WS 主将
6 渡辺俊介 WATANABE 日本の旗 日本 L 副将
7 相澤寿 AIZAWA 日本の旗 日本 MB
8 瀬戸口竜矢 SETOGUCHI 日本の旗 日本 WS
9 梅野聡 UMENO 日本の旗 日本 S
10 星野秀知 HOSHINO 日本の旗 日本 WS
12 デヤン・ボヨビッチ DEKI セルビアの旗 セルビア OP
13 ファンの皆様 サポーター
15 李博 LEE 日本の旗 日本 MB
17 黒木康太郎 KUROKI 日本の旗 日本 MB
18 鈴木悠二 SUZUKI 日本の旗 日本 WS
20 大木貴之 OHKI 日本の旗 日本 WS
21 藤井直伸 FUJII 日本の旗 日本 S
22 井手智 IDE 日本の旗 日本 L

スタッフ[編集]

2014年11月版[7][9]

役職 名前 国籍 備考
部長 吉田晴彦 日本の旗 日本 2014年12月より活動停止
副部長 矢島久徳 日本の旗 日本 2014年12月より部長代行
副部長 沓澤豊 日本の旗 日本
監督 小林敦 日本の旗 日本 2014年12月より活動停止
コーチ 篠田歩 日本の旗 日本 2014年12月より監督代行
コーチ兼マネージャー 山本太二 日本の旗 日本
フィジカルコーチ 岡野憲一 日本の旗 日本
メディカルトレーナー 丸山浩司 日本の旗 日本
通訳 竹内淑恵 日本の旗 日本
マネージャー 近藤茂 日本の旗 日本
総務 青木美穂 日本の旗 日本
医師 宗田大 日本の旗 日本
医師 白澤進一 日本の旗 日本

在籍していた主な選手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b チーム紹介”. 東レ・アローズ. 2013年10月19日閲覧。
  2. ^ a b FAQ”. 東レ・アローズ. 2013年10月19日閲覧。
  3. ^ a b c チーム沿革”. Vリーグ機構. 2013年10月19日閲覧。
  4. ^ 東レの悲願達成を阻止 改めて見せた宇佐美大輔の存在感”. バボChannet (2013年4月3日). 2013年10月19日閲覧。
  5. ^ 日本バレーボール協会. “男子・東レアローズの「平成26年度 天皇杯・皇后杯 全日本選手権大会」への出場辞退について”. 2014年12月12日閲覧。
  6. ^ 東レ・アローズ. “東レアローズ男子バレーボール部選手の不祥事について”. 2014年12月16日閲覧。
  7. ^ a b メンバー紹介”. 東レアローズ. 2013年11月23日閲覧。
  8. ^ チーム所属選手”. Vリーグ機構. 2014年11月11日閲覧。
  9. ^ チーム登録選手”. Vリーグ機構. 2013年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]