パナソニック・パンサーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パナソニック・パンサーズ
原語表記 パナソニック・パンサーズ
ホームタウン 大阪府枚方市交野市京都府
クラブカラー
創設年 1952年
所属リーグ V・プレミアリーグ
チーム所在地 大阪府枚方市
体育館所在地 大阪府枚方市
代表者 春田政幸
監督 南部正司
ホームページ 公式サイト
  

パナソニック・パンサーズは、大阪府枚方市を本拠地とするV・プレミアリーグ所属のパナソニック男子バレーボールチーム。旧チーム名「松下電器・パナソニックパンサーズ」。

概要[編集]

1951年に松下電器産業(現・パナソニック)社内で発足[1]日本リーグ(現・Vプレミアリーグ)に第1回大会から参加。

チーム名は、Panther(豹)にPanasonicの最初の3文字をかけていて、また、獲物を狙う豹のような精悍で敏捷なプレーとボールがコートを駆け抜ける様を表現している[1]。チームロゴも豹であり、社内有志によってデザインが描かれた[1]。チームマスコットは黒豹の「パナ吉」であり、背番号は88、出身地はチーム本拠地である枚方市に設定されている[2]

練習場は大阪府枚方市パナソニックアリーナ(旧 松下電器体育館)であり、見学が一部可能である[3]。そこでV・プレミアリーグのホームゲームが開催されることもある。ホームゲームはほかに、サブホームタウンである交野市いきいきランド交野京都市京都府立体育館などでも開催される。

「パンサーズジュニア」という、小学3年生から中学2年生の男子を対象としたジュニアチームがある[4]

歴史[編集]

1951年にチーム設立。松下電器産業(現・パナソニック)社内のバレーボール好きが集まって大阪府の大会に出場するようになったのをきっかけである[5]1953年の全日本実業団選手権で全国デビュー[5]1956年の全日本総合選手権で初タイトル獲得[1]1964年には都市対抗(黒鷲旗)、全日本総合、国体、全日本実業団選手権の4冠独占を達成した[1]

1967年より日本リーグ(現・Vプレミアリーグ)に第1回大会から参加し、常に優勝争いに参加しながら4大会連続の準優勝。1971年の第5回大会で念願の初優勝を飾る。当時は平岡哲男監督の下、木村憲治野口泰弘横田忠義らの各選手が活躍[5]

その後チームは低迷の一途をたどり実業団リーグ(現・Vチャレンジリーグ)に3度降格するなど苦しい時期が続いた。

1992年に日本リーグへ1年で復帰した際にチーム名を「松下電器・パナソニックパンサーズ」と命名した[1]

2002/03Vリーグ(現・Vプレミアリーグ)で元新日鉄(現・堺)ブレイザーズ)真鍋政義の入団や全日本山本隆弘、ブロック賞の北川祐介の活躍で優勝争いに加わり、同シーズンと2003/04シーズンには連続3位。2004/05シーズンは4位と振るわなかったが着実なレベルアップが進んでいることを印象付けた[5]

2006年、チーム名から「松下電器」を外し、「パナソニック・パンサーズ」とする[1]

2007年南部正司が監督に就任。そして、2007/08V・プレミアリーグで1971年以来36年ぶりに優勝を果たした。2008年の黒鷲旗大会でも10年ぶりとなる優勝を果たし、2冠を達成した。

2008年北京オリンピック代表に選出された新人コンビである清水邦広福澤達哉が内定選手として入団。2008/09シーズンは、V・プレミアリーグは福澤が新人賞を獲得したものの4位と振るわなかったが、黒鷲旗は新人コンビの活躍で連覇を達成した。それに続き、2009/10シーズンでは、天皇杯全日本選手権大会、V・プレミアリーグ、黒鷲旗で優勝し、日本バレーボール史上初となる3冠を達成した。同時に黒鷲旗3連覇も達成。2011/12シーズンも、天皇杯で優勝し、V・プレミアリーグも優勝決定戦でフルセットの熱戦の末に東レ・アローズを破り優勝。黒鷲旗でも優勝して2度目の3冠を達成した。

2012/13シーズンは、全日本に大きく貢献しつつ、パナソニックも牽引してきた山本隆弘宇佐美大輔の最後のシーズンとなった(山本は黒鷲旗まで、宇佐美はV・プレミアリーグまで)[6][7]。しかし、天皇杯は制覇したものの、V・プレミアリーグはファイナルで堺ブレイザーズに敗れ準優勝となり、宇佐美と山本の現役最後のV・プレミアリーグを優勝で飾れなかった(宇佐美にとって現役最後の大会でもある)。黒鷲旗でも決勝でサントリーサンバーズにフルセットの末敗れ準優勝となり、山本の現役最後の大会も優勝で飾れなかった。

2013年11月、ブラジルで開催された世界クラブ選手権2013にワイルドカード(主催者推薦)で出場[8]

成績[編集]

主な成績[編集]

日本リーグ/Vリーグ/Vプレミアリーグ
  • 優勝5回(1971年度、2007年度、2009年度、2011年度、2013年度)
  • 準優勝6回(1967年度、1968年度、1969年度、1970年度、1972年度、2012年度)
黒鷲旗全日本選抜大会
  • 優勝11回(1964年、1966年、1968年-1969年、1973年、1981年、1998年、2008年-2010年、2012年)
天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会
  • 優勝3回(2009年度、2011年度、2012年度)
全日本総合
  • 優勝 1回(1964年)
  • 準優勝 5回(1965年、1968年、1970-1972年)
国民体育大会
  • 優勝8回

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数 勝率
日本リーグ 第1回 (1967) 準優勝 6チーム 10 8 2 0.800
第2回 (1968/69) 準優勝 6チーム 10 7 3 0.700
第3回 (1969/70) 準優勝 6チーム 10 8 2 0.800
第4回 (1970/71) 準優勝 6チーム 10 9 1 0.900
第5回 (1971/72) 優勝 6チーム 10 9 1 0.900
第6回 (1972/73) 準優勝 6チーム 10 8 2 0.800
第7回 (1973/74) 4位 6チーム 10 3 7 0.300
第8回 (1974/75) 6位 6チーム 10 0 10 0.000
実業団リーグ 第7回 (1975/76) 4位 6チーム 10 5 5 0.500
第8回 (1976/77) 優勝 6チーム 10 10 0 1.000
日本リーグ 第11回 (1977/78) 4位 6チーム 10 3 7 0.300
第12回 (1978/79) 5位 6チーム 10 3 7 0.300
第13回 (1979/80) 6位 6チーム 10 2 8 0.200
第14回 (1980/81) 4位 8チーム 14 7 7 0.500
第15回 (1981/82) 6位 8チーム 21 8 13 0.381
第16回 (1982/83) 6位 8チーム 21 9 12 0.429
第17回 (1983/84) 3位 8チーム 21 13 8 0.619
第18回 (1984/85) 5位 8チーム 21 8 13 0.381
第19回 (1985/86) 6位 8チーム 21 6 15 0.281
第20回 (1986/87) 8位 8チーム 21 4 17 0.190
実業団リーグ 第19回 (1987/88) 準優勝 8チーム 14 10 4 0.714
第20回 (1988/89) 優勝 8チーム 14 12 2 0.857
日本リーグ 第23回 (1989/90) 7位 8チーム 14 3 11 0.214
第24回 (1990/91) 8位 8チーム 14 1 13 0.071
実業団リーグ 第23回 (1991/92) 準優勝 8チーム 14 12 2 0.857
日本リーグ 第26回 (1992/93) 6位 8チーム 14 7 7 0.500
第27回 (1993/94) 6位 8チーム 14 6 8 0.429
Vリーグ 第1回 (1994/95) 7位 8チーム 21 10 11 0.476
第2回 (1995/96) 6位 8チーム 21 10 11 0.476
第3回 (1996/97) 5位 8チーム 21 10 11 0.476
第4回 (1997/98) 3位 8チーム 21 14 7 0.667
第5回 (1998/99) 4位 10チーム 18 17 1 0.944
第6回 (1999/00) 6位 10チーム 18 9 9 0.500
第7回 (2000/01) 6位 10チーム 18 9 9 0.500
第8回 (2001/02) 6位 10チーム 18 9 9 0.500
第9回 (2002/03) 3位 8チーム 21 13 8 0.619
第10回 (2003/04) 3位 8チーム 21 12 9 0.571
第11回 (2004/05) 4位 8チーム 28 15 13 0.536
第12回 (2005/06) 5位 8チーム 28 16 12 0.571
V・プレミアリーグ 2006/07シーズン 3位 8チーム 28 17 11 0.607
2007/08シーズン 優勝 8チーム 28 19 9 0.679
2008/09シーズン 3位 8チーム 28 15 13 0.536
2009/10シーズン 優勝 8チーム 28 22 6 0.786
2010/11シーズン 4位 8チーム 24 14 10 0.583
2011/12シーズン 優勝 8チーム 21 17 4 0.810
2012/13シーズン 準優勝 8チーム 28 20 8 0.714
2013/14シーズン 優勝 8チーム 28 21 7 0.750

選手・スタッフ[編集]

選手[編集]

2013年11月版[9][10]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 清水邦広 SHIMIZU 日本の旗 日本 OP
2 深津英臣 FUKATSU 日本の旗 日本 S
3 山添信也 YAMAZOE 日本の旗 日本 MB
4 伊東勇樹 ITO 日本の旗 日本 WS
5 渡辺奏吾 WATANABE 日本の旗 日本 WS
6 白澤健児 SHIRASAWA 日本の旗 日本 MB
7 山本拓矢 TAKUYA 日本の旗 日本 L
8 川村慎二 KAWAMURA 日本の旗 日本 WS
10 谷村孝 TANIMURA 日本の旗 日本 WS
12 森田亜貴斗 MORITA 日本の旗 日本 MB  
13 枩田優介 MATSUTA 日本の旗 日本 MB
15 福澤達哉 FUKUZAWA 日本の旗 日本 WS
16 大竹貴久 OHTAKE 日本の旗 日本 S
17 永野健 NAGANO 日本の旗 日本 L 主将
18 ダンチ・アマラウ DANTE ブラジルの旗 ブラジル WS
88 パナ吉 チームマスコット

スタッフ[編集]

2013年11月版[11][12]

役職 名前 国籍
顧問 中川能亨 日本の旗 日本
部長 春田政幸 日本の旗 日本
監督 南部正司 日本の旗 日本
コーチ 真保綱一郞 日本の旗 日本
コーチ 木村正憲 日本の旗 日本
アドバイザー ジョゼ・フランシスコ・
ドス・サントス
ブラジルの旗 ブラジル
マネージャー 久保尚志 日本の旗 日本
アナリスト 行武広貴 日本の旗 日本
アスレティックトレーナー 村島陽介 日本の旗 日本
メディカルトレーナー 足立清 日本の旗 日本
通訳 神園めぐみ 日本の旗 日本
ドクター 小松猛 日本の旗 日本

在籍していた主な選手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g パンサーズについて”. パナソニック・パンサーズ. 2013年10月29日閲覧。
  2. ^ 選手・スタッフ紹介”. パナソニック・パンサーズ. 2013年10月29日閲覧。
  3. ^ スケジュール”. パナソニック・パンサーズ. 2013年10月29日閲覧。
  4. ^ パンサーズジュニアとのふれあい講習 活動レポート”. パナソニック・パンサーズ (2009年6月23日). 2013年10月14日閲覧。
  5. ^ a b c d チーム沿革”. Vリーグ機構. 2013年10月29日閲覧。
  6. ^ 山本隆弘選手の引退に関するお知らせ”. パナソニック・パンサーズ (2012年10月1日). 2013年10月14日閲覧。
  7. ^ 宇佐美大輔選手の引退に関するお知らせ”. パナソニック・パンサーズ (2013年11月1日). 2013年10月14日閲覧。
  8. ^ パナソニック パンサーズが「世界クラブ選手権大会2013」に出場 お知らせ”. パナソニック・パンサーズ (2013年9月30日). 2013年10月14日閲覧。
  9. ^ 選手・スタッフ紹介(選手)”. パナソニック・パンサーズ. 2013年10月14日閲覧。
  10. ^ チーム所属選手”. Vリーグ機構. 2013年11月23日閲覧。
  11. ^ 選手・スタッフ紹介(スタッフ)”. パナソニック・パンサーズ. 2013年10月14日閲覧。
  12. ^ チーム登録選手”. Vリーグ機構. 2013年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]