昭和薬科大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
昭和薬科大学
Gthumb.svg
大学設置 1949年
創立 1930年
学校種別 私立
設置者 学校法人昭和薬科大学
本部所在地 東京都町田市東玉川学園
キャンパス 町田(東京都町田市)
学部 薬学部
研究科 薬学研究科
ウェブサイト 昭和薬科大学公式サイト
テンプレートを表示

昭和薬科大学(しょうわやっかだいがく、英語: Showa Pharmaceutical University)は、東京都町田市東玉川学園に本部を置く日本私立大学である。1949年に設置された。大学の略称は昭薬・昭薬大。

概要[編集]

大学全体[編集]

昭和薬科大学は、1930年昭和5年東京府目黒区に設立された旧制薬学専門学校である、昭和女子薬学専門学校を起源とする薬科大学である。本学は創立する際、いわゆるオーナーが存在せず、長年に亘り、在学生、卒業生、教職員、父母たちが一致協力して学びの場を築き上げてきたことから、民主的な運営を伝統としており、今もなお、家庭的で自由闊達な校風を育んでいる。多くの緑に囲まれたキャンパスは、総面積17万3千平方メートルと広大なスケールを誇り、その中でも薬用植物園は、全国の薬科系大学の中でも屈指の規模を有する。旧制医学専門学校を起源とする昭和大学、また、旧制女子専門学校を起源とする昭和女子大学とは別法人の運営。

建学の精神[編集]

『 独立と融和 』

困難に立ち向かう独立不羈の精神と、融和の心を大切にしてきた校風を象徴しています。

沿革[編集]

  • 1930年(昭和5年) - 昭和女子薬学専門学校設立(目黒区五本木
  • 1945年(昭和20年) - 戦災で目黒校舎焼失、旧陸軍衛生材料本廠舎跡(現:世田谷区弦巻5丁目1番地)に移転
  • 1949年(昭和24年) - 新制大学として昭和女子薬科大学設立
  • 1950年(昭和25年) - 昭和薬科大学と名称を改め、男女共学となる
  • 1965年(昭和40年) - 長野県白樺湖畔に諏訪校舎(合宿教育施設)を設置、生物薬学科を増設
  • 1969年(昭和44年) - 大学院薬学研究科修士課程を設置
  • 1974年(昭和49年) - 沖縄県浦添市に昭和薬科大学附属高等学校を設置
  • 1986年(昭和61年) - 同附属高等学校に中学校を併設
  • 1989年 - 諏訪校舎合宿教育に終止符
  • 1990年(平成2年) - 町田キャンパス開校、世田谷区から町田市に移転
  • 1991年(平成3年) - 大学院薬学研究科博士課程を設置
  • 1998年(平成10年) - 大学院薬学研究科修士課程に医療薬学専攻を併設
  • 2006年(平成18年) - 学校教育法等の改正に基づき6年制に移行
  • 2010年(平成22年) - 大学基準協会による機関別認証評価の認定をうける[1]
  • 2011年(平成23年) -大学院薬学研究科修士課程を発展的に改組、大学院薬学研究科修士課程薬科学専攻を設置

教育および研究[編集]

学部[編集]

2005年(平成17年)度までの入学生は下記2学科の4年制。

  • 薬学科
  • 生物薬学科

2006年(平成18年)度からは下記学科の6年制のみとなった。

  • 薬学科

大学院[編集]

  • 薬学研究科
    • 修士課程 薬学専攻 医療薬学専攻
    • 博士課程 薬学専攻

6年制の最初の入学者が卒業する2012年(平成24年)までに現行の大学院組織を改組する予定。6年制卒業後の大学院は博士課程のみとなる。

研究[編集]

私立大学学術研究高度化推進事業[編集]

  • ハイテク・リサーチ・センター整備事業
    • 大学院薬学研究科 「動脈硬化性疾患の分子病態解析と創薬基盤研究」

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

他大学との協定[編集]

附属学校[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大学基準協会 (2010年). “昭和薬科大学に対する大学評価(認証評価)結果 (pdf)”. 2011年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]