星置川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
星置川
星置川 2004年11月29日撮影
星置川下流と手稲山
水系 二級水系 星置川
種別 二級河川
延長 8 km
水源の標高 1023.1 m
平均流量 -- /s
流域面積 14.8[1] km²
水源 手稲山(札幌市手稲区
河口・合流先 石狩湾(小樽市)
流域 北海道札幌市小樽市
テンプレートを表示

星置川(ほしおきがわ)は、北海道札幌市および小樽市を流れ日本海石狩湾に注ぐ二級河川である。東に西に著しく流路を変えた歴史を持つ。扇状地の頂には星置の滝がある。星置川水系の本流であり、長さ約8kmのうち河口から2.33kmが二級河川として指定されている。

流路[編集]

北海道札幌市手稲区西部の南区との境界にある奥手稲山の東側に源を発し小樽市と札幌市の境の山中を北東に流れる。滝の沢川を合わせてから、星置の滝付近で平地に出て星置川扇状地を作る。北西に向きを変え、自身が古い時代に造った扇状地を掘り込んで谷を作る。旧扇状地の北西端で小さな新しい扇状地を作り、その後は北に向きを変える。ほしみ駅付近で札幌市に入り、キライチ川を合わせ、小樽市内に入って、直線的に流れて石狩湾に注ぐ。

領域の上流は山林が卓越し、星置の滝あたりから住宅が増える。下流の小樽市内では工場が多く、河口に近くなると林と笹が多くなり、最後は銭函海水浴場を左に、大浜海岸を右にした砂浜で海に出る。キライチ川との合流点には星観緑地という公園があり、中に星観橋という徒歩専用の三叉の橋がある。

歴史[編集]

アイヌ語由来の地名だが、元の言葉には諸説ある。一説には、星置の滝の別称ホシポキに由来し、アイヌ語で「崖の下」あるいは「下の崖」という。

かつて星置川は、下流で大きく曲がって海岸と平行に東に流れ、今の新川の河口で海に注いでいた。札幌市と小樽市の境界をなす今の清川の流路である。この下流部を小樽内川といい、小樽(江戸時代オタルナイ場所)という地名の由来となったが、オタルナイ場所の中心地(運上屋)はその後西に移転して語源の川から離れた。分水嶺を越えた南にある小樽内川は、小樽市とはかかわりないまったく別の川である。大正時代に星置川は海岸と平行に西に、今のポンナイ川の流路を流れるように切り替えられ銭函で北に転じて海に出るようになり、この水を用いて下流部で水田が開かれた。1983年(昭和58年)には直線的に北に流れる現在の形に変更を受けた。このため水田のための水利用が難しくなり減反もあいまって流域の稲作は激減し、かわって住宅と工場が並ぶようになった。

星置川にて砂金がとれたことから、支流の滝の沢川沿いに、1893年(明治26年)に手稲鉱山が発見された。金、銀、銅、テルルなど多くの鉱物を産したが、1970年(昭和45年)に閉山した。

利水[編集]

望洋橋から河口を見る(2004年11月)

滝の沢川合流点の右岸に宮町浄水場があり、札幌市手稲区の西部に水道水を供給している。河口付近でウグイカワガレイが、上流ではニジマスが釣れる。数は少ないが毎年が上る。

支流[編集]

橋梁[編集]

  • (橋)
  • 金山橋
  • 星置川橋 - 札樽自動車道
  • 星置橋 - 国道5号、北5条手稲通。
  • JR函館本線
  • 新星観橋(しんほしみ)
  • 星観橋(ほしみ)
  • ほしみ橋 - ほしみ駅前通。
  • 星流橋(せいりゅう)
  • 星函橋(せいかん) - 下手稲通。
  • 宮下橋 - 国道337号、道央新道。
  • 望洋橋

脚注[編集]