標津川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
標津川
標津川 2013年5月4日撮影
標津川 サーモン橋より下流を望む
水系 二級水系 標津川
種別 二級河川
延長 77.9[1] km
水源の標高 1,061 m
平均流量 13.8 [1] /s
(標津川俵橋水位観測所)
流域面積 671[1] km²
水源 標津岳北海道
河口・合流先 オホーツク海北海道
流域 北海道根室振興局管内
テンプレートを表示

標津川(しべつがわ)は、北海道東部根室振興局管内を流れる二級河川。標津川水系の本流である。


地理[編集]

北海道標津郡中標津町斜里郡清里町との境界にある標津岳に源を発し、根釧台地を南東に流れる。ケネカ川を合わせ北東よりに向きを変え、標津郡標津町野付半島の北でオホーツク海に注ぐ。全長約77.9km。流域面積は約671km²。

地名由来[編集]

「シ・ベツ」というアイヌ語のあて字であり、シ・ベツの「シ」は「真の、本当の、大きな」の意で、「ベツ」は川のことである。ゆえに「シ・ベツ」は「大きい川」で本流を意味する。

流域の市町村[編集]

北海道
根室振興局標津郡標津町中標津町

蛇行復元工事[編集]

2002年日本国内では初めて直線化された河川の蛇行を復元するといった工事が行われた。

  • 直線化され時に残された三日月湖を本河川に接続する方法で工事は行われた。
  • 現場は蛇行復元試験地と呼ばれている。

支流[編集]

関連項目[編集]

主な橋梁[編集]

出典・外部リンク[編集]

脚注[編集]