日産・H型エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

H型エンジンは、かつて日産自動車が製造していた直列4気筒OHVエンジンである。

概要[編集]

原型は日本自動車工業時代に太田祐一ら旧オオタ自動車工業のスタッフによって開発され、東急くろがね工業(後の日産工機)に改編後、排気量1,883ccのH型が初代30型セドリック19601965年)に日産車として初搭載された。

簡潔且つ堅牢なターンフロー(カウンターフロー)式OHVエンジンで、高トルクを利して乗用車のみならず、主にタクシー営業車商用車フォークリフト用エンジンとして広範囲に用いられ、2003年まで排気量や仕様の変更を受けながら、約45年間量産され続けた。

H15[編集]

1,500cc

H20-Ⅱの小排気量化・改良型で、フォークリフト専用エンジンとなっている。

搭載車種

H[編集]

1,883cc

乗用車用 88ps / 商用車用 85ps

搭載車種

H20[編集]

2,000cc

搭載車種

H20P[編集]

2,000cc  H20エンジンのLPG仕様で、キャブレータからLPG用ミキサになっている他、内部にも若干の変更がなされている。

搭載車種

H20-Ⅱ[編集]

2,000cc

 H20の改良型で、フォークリフト専用エンジンとなっている。

搭載車種

H25[編集]

2,500cc

 H20-Ⅱの高出力仕様(エンジンフード横にHIGH-POWERの記載有り)として開発された。

搭載車種

関連項目[編集]