オースチン・A50ケンブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オースチンA50ケンブリッジ
本国生産車
Austin A50 Cambridge front.jpg
乗車定員 4/5人
ボディタイプ 4ドア セダン
2ドア ピックアップ
2ドア パネルバン
エンジン 直4ガソリンOHV 1489cc 50馬力/4400rpm
変速機 4速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前:独立 ダブルウィッシュボーン コイル
後:固定 半楕円リーフ
全長 3978mm
全幅 1562mm
ホイールベース 2521mm
車両重量 951kg
先代 オースチン・A40サマーセット
後継 オースチン・A55・ケンブリッジ
-自動車のスペック表-

オースチンA50ケンブリッジ (Austin A50 Cambridge)はイギリスの自動車メーカー、ブリティッシュ・モーター・コーポレーション (BMC)が1954年から1957年まで生産した小型乗用車である。

英国での歴史[編集]

当時のイギリスにおける典型的なミドルクラス・サルーンとして開発された。前輪独立懸架、後輪固定軸の後輪駆動というごくコンベンショナルな構造で、イギリスの保守的な中産階級ユーザー向けに手堅く設計されたモデルである。

先代モデルのA40サマーセットはデザイントレンド過渡期のモデルであったため鈍重さが目立ったが、ケンブリッジでは、やや腰高ながら機能性を改善した1950年代中期の典型的3ボックス・ノッチバックスタイルのセダンとなり、ボディ構造もセミ・モノコック構造に改められた。

またエンジンは、新設計のBMC・Bシリーズエンジンに刷新された。MGAMG・ZBマグネットなどと共通の、当時のBMCにおける中級車用標準型4気筒エンジンである。このエンジン自体は、1947年に中型オースチンの戦後型として発表された「A40デヴォン」用に開発され、続く1952年のA40サマーセットにも継承されていた1.2Lエンジンを拡大した構造で、当時のナッフィールドとオースチンの合併に伴い、新BMCにおけるエンジン標準化施策の中で中型車用1.5Lクラスに位置づけられたものであるが、以後1970年代まで排気量拡大やベアリング数追加などの改良を受けながら、BMCおよび後身のBLMCにおける主力エンジンとして長く使われた。

4ドア4人乗りのセダンが先行して登場したが、1956年11月にパネルバンが、1957年5月にはピックアップトラックが追加され、両者は乗用車がA55/A60へと発展した後も1971年まで生産続行された。

本国ではボルグ・ワーナー製オーバードライブやManumaticと呼ばれた半自動変速機付きも選択可能であった。1956年10月にはタイヤが14インチから13インチに変更され、圧縮比が高められる変更を受けた。当時の英国The Motor誌の計測によると、最高速度118.4km/h、0-60マイル加速28.8秒、燃料消費10.1km/lという性能であった。

A50ケンブリッジはイギリス本国では約115,000台が生産された。また、同じスタイルで従来からの1242cc42馬力エンジンを持つ廉価版のA40ケンブリッジも同時に登場したが、こちらの生産台数は約30,000台と少なかった。

1957年1月、A50はテールが伸ばされトランクスペースを拡大したA55ケンブリッジに発展、1959年にBMC"ファリーナ"サルーンにモデルチェンジするまで約150,000台のA55が作られた。

日産オースチン・A50[編集]

日産自動車は乗用車の設計・製造技術を学ぶべく、1952年にBMCと契約を結び、1953年3月からA40サマーセットのノックダウン生産を開始していた。だがそのノックダウン生産とパーツ国産化が進展する途上で、イギリス本国においてオースチンの中型セダンはサマーセットからケンブリッジへモデルチェンジされた。これを受けた日産は、オースチン国産化計画が一から出直しになる不利を押しても、当時の日本の小型車規格一杯の排気量である1500cc級車のケンブリッジを生産する方が得策と判断し、ケンブリッジへの生産切り替えを断行した。


関連項目[編集]