ボアアップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボアアップ ( bore up ) とは、レシプロエンジン排気量を増加させる手法の一つ。

概要[編集]

内燃機関の出力向上は、内部の摩擦抵抗を減らすことと燃料の種類を変えることを別とすると、単位時間当たりの吸入空気(酸素)量と燃料供給を増やし、燃焼エネルギーを増大させることで得られる。それには、過給回転上限の拡大、排気量拡大の各方法がある。

レシプロエンジンの排気量の拡大には、気筒数を増やす、シリンダーボア(内径)を大きくする、ピストンストロークを長くするなどが挙げられる。この内、ボアアップとは、シリンダーボアを大きくする(もちろんピストン径も大きくする)変更のことである。シリンダー内壁の磨耗に対する処置である、ピストンオーバーサイズのものに換える程度の排気量変化は、ボアアップの範疇には含まれない。逆にボアを縮小する場合はボアダウンと呼ぶ。また、構造の全く異なるヴァンケルロータリーエンジンでの排気量拡大は、このような加工では行えない。

ボアアップのメリットとしては、比較的少ない投資で排気量を拡大できる点にある。圧縮比の設定や潤滑冷却の改善などを含め、正しく組み上げられれば、吸入空気量が増える分、よりトルクが得られ、使用回転域が変わらなければ馬力も増す。

ストロークを伸ばすストロークアップは、通常はクランクシャフトの変更で対応するが、シリンダーブロックの高さやコンロッドの最大角度による制限があり、回転上限が下がる場合もあるため、同系列のロングストロークエンジンの部品を流用する以外では難易度が高く、社外品のキットを組む場合もシリンダーブロック側のコンロッド逃げ加工などの高度なメカチューンが必須となる為に費用が高価となりがちである。そのブロック本来のストロークの限界を超える極端なロングストローク化を行う場合や、ピストン径のそれ以上の増大が物理的に行えない場合[1]にはシリンダーのスリーブを一旦除去し、シリンダー合わせ面と同一形状の延長シリンダーライナーを付加した上で、新しい延長スリーブを打ち直すハイブロックと呼ばれるチューニングメニューが行われる事もある。

方法[編集]

自動車メーカーが改良や追加設定用として従来型エンジンに手を加えるもの、ユーザーが類似系列のエンジンのシリンダーピストン(ピストンは他社製や社外品を用いることも多い)を流用して行うもの、ショップが製作した社外品を使うなど、形態は様々。

例 - ゼファー400のエンジンにゼファー550のピストンとシリンダーライナー、クランクシャフトを組み込む。
  • シリンダーをボーリングし、それに合わせた専用ピストンを組む
例 - SR20DETVG30DETTのピストンを組み込む。
  • シリンダーブロックを上位エンジンの物と入れ替える
例 - 1JZ-GTEに2JZ-GTEのシリンダーブロックを組み込む。

ユーザーが行う場合の注意点[編集]

  • 全て「自己責任」である。自動車メーカーの公認部品以外を用いた場合、メーカー保証やディーラーでのサービスが受けられなくなる。
  • 排気量を変更する行為は車検証の内容を変更することとなるので、改造申請が必要となる。申請しない場合には、各交通法令に違反するほか、脱税行為と見なされる場合もある。
  • 自賠責、任意保険等の書類を書き換えなければ、事故等起こった際に保険金が全く出ない。勿論、原動機付自転車の免許しか所有していない者が、ボアアップをして事故を起こした際も保険金も出ず、無免許運転で捕まる事になる。
  • エンジンばかりでなく、駆動系や冷却系統、ブレーキ系統も出力増大に応じて手を加える必要が生じる。
  • ボアのみを拡大し、シリンダヘッド(燃焼室)をそのままとすると、使用するピストンのトップ形状によっては圧縮比が異常に高くなる場合もあり、ノッキングを起こしエンジンの寿命を縮める。

法令的なメリット[編集]

  • 原動機付自転車において50ccを超えるボアアップは、原付二種への改造となる。普通自動二輪小型限定以上の二輪車免許が必要となるが、法定速度30km/h・二段階右折義務が解除される。アフターパーツメーカーより各種スクーター向けのボアアップキットが販売されている。なおシリンダーヘッドを交換しないタイプのキットでは、デトネーション防止のため高オクタン価ガソリンが必要となる場合がある。
  • 125cc以下から125cc超におけるボアアップは、高速道路などの自動車専用道路の利用が可能となる。

脚注[編集]

  1. ^ 軽自動車用エンジンであるスバル・EN型エンジンがこの手法のみで排気量アップを行った事例がある

関連項目[編集]