ボアピッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボアピッチとは、レシプロエンジンにおける隣接した気筒の中心間の距離である。

概要[編集]

通常ボアの値に気筒間壁厚さを加えたものがボアピッチとなる。しかしながら、フォルクスワーゲン等に見られる狭角V型エンジンの場合はシリンダーが互い違いになっているためにボアピッチはボアよりも小さくなっている。狭角V型エンジンを直列エンジンの一種とみなすとこのことにより、通常の直列エンジンよりも長さを短縮できる直列エンジンと言える。

かつてのV型6気筒および水平対向4気筒エンジン等は、クランクシャフトにウェブを設けて位相をずらしている関係もあり、クランクシャフトが片バンク相当の直列エンジンよりも長くなりがちであった。そのため片バンクのボアピッチも広くなる傾向があった。

関連項目[編集]