慶應義塾医学所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
慶應義塾医学所
創立 1873年
所在地 東京府
初代校長 松山棟庵
廃止 1880年
後身校 東京慈恵会医科大学
同窓会 金蘭会

慶應義塾医学所(けいおうぎじゅくいがくしょ、1873年(明治6年) - 1880年(明治13年))は、明治初期、東京府三田に設立された私立の医学教育機関(医学校)、医療施設「尊王舎」。

概要[編集]

適塾を経た福澤諭吉そのほか門下生は、慶應義塾にてそれまでの漢方医術から西洋医学を取り入れ、医学所開塾の当初から幾名かの洋医を養成した。医学所は、当時の日本の医学界がドイツ医学を主流としていた中で、イギリス医学を教授し、これは異例のことであった。慶應義塾大学医学部の源流となると共に、東京慈恵会医科大学の前身ともなっている。

開塾以前の門下生[編集]

足立寛
前期鉄砲洲時代入塾。適塾に学び、陸軍軍医総監となる。
松山棟庵
慶応2年(1866年)1月入塾。ここに述べる医学所の校長。
安藤正胤
慶応3年(1867年)1月入塾。晩年、静浦の保養院の経営にあたった。
印東玄得
慶応3年(1867年)2月入塾。大学東校に移ってそこを卒え医科大学教授となった。
近藤良薫
明治元年(1868年)11月入塾。横浜十全病院に院長を勤む。

沿革[編集]

開塾まで[編集]

福沢は医学科学技術の尊重から、医学所の設置は当然うなずけることであるが、このほか福沢の友人で広島県の医者であった呉黄石が、医学を修業させる目的でその子白石、文聰の二人を義塾に入塾させた。かつて中津藩でも医学所取建の企画があり、文久2年(1862年ヨーロッパに行ったおり福沢は、中津藩の医学所設置のために医書購入の斡旋をしており、さらにこれより数年後の慶応3年(1867年)にアメリカに渡航したときにも、医書を購入してきている。このとき福沢が購入してきたオースチン・フリントの内科書のうちの熱病篇を松山棟庵が訳述した『窒扶斯新論』は、日本における英諮医学書翻訳公刊の最初であった。

紀州藩騎兵士官前田政四郎は明治4年(1871年)、慶應義塾に入塾し、草郷清四郎とともに(福沢に乗馬を教えながら英書を学んで、のちに陸軍の一等軍医となった)が福沢に向かい、医者になるために義塾を去ってドイツ語を学びたいと思うという旨を述ぺたところ、福沢は、「それはドイツ語に限ったことではないから塾でも医学の修業のできるようにしよう。」と言い、直ちに当時福沢の邸内に住んでいた松山棟庵を呼んで相談し、松山の賛成を得てさっそく本塾の北側の空地に塾舎を建てるかたわら、松山は松山で丸屋商社(丸善)に命じ英米の医学書を取り寄せ、学則を制定して医学所が開かれるに至った。かくして、東京府知事大久保一翁宛の願書を提出の上いよいよこれが設立される。

このとき、西洋医学を教授する医学校大学東校しかなく、これでは不都合であるから西洋医学を少年医学生に教授して、日本文化の進捗に貢献しようと考えた。当時官立の医学校としてもっとも整っていた東京医学校がイギリス医学をしりぞけてドイツ医学を採用し、通用語としては英語がよいだろうけれど、医学はなんといってもドイツに限るといった定評がこのころあった。かくしてイギリス医学を教授するというのは明らかにこの医学所の特色なのであった。

開塾後[編集]

次に、『東京日日新聞』(第五五一号)に同医学所の学科課程、学生募集広告などが掲載された。

開校当時の学生募集広告

慶應義塾医学所
此度社中申合せ本塾の傍に医掌所を設けたり、有志の子女は来り学ぶべし。
其学科目左の如し。

一.予科 
窮理(クワツケソボス、ガノツト)
舎密書(ウエルス、ユーマン)
一.本科 
解剖書(ハルツホルン、グレイ)
人身窮理(ハルツホルン、ダルトン)
原病書(ハルツホルン)
薬性書(ハルツホルン、ネルゲン)
内科書(ハルツホルン、タソネル)
外科書(ハルツホルン、ドロィツ)

右よ科の分は先づ(ハルツホルン)の書を以て其業を卒らしめ、次に此掌科を逐て諸家の書頬を研究せしむ。
科の書を備へたり。春秋余りある人は益々博問を期すぺし。
入社入塾等の規則は総て本塾に同じ。
授乗一課(一時間に付)月謝七十五銭。但し二課を学ぶ者は一円五十銭。
掘籍並に骨格等は望に任せて之を貸すべし。

東京三田二丁目慶應義塾

教授陣[編集]

実地指導の面は医学所とは別に杉田玄端を主任として設けられた診療所(尊王舎)を、明治6年(1873年)12月以降しばらくあわせてこれに当らせた。

学生・経営[編集]

入学者ははじめ50・60名であったものが明治10年(1877年)4月から6月までのころには86名(都政史料館蔵「自明治十年四月至同年六月. 私学校明細簿」所収の届書)。同12年(1879年)には77名(「大日本帝国文部省第七年報」)と増加し、最盛期には100名内外に達したといい、明治13年(1880年)廃校に至るまでに結局300余名の卒業者をおくり出している。

その後、大阪をはじめ各地に官公立の府立大阪医科大学、医学校、病院等がおいおいできて、無理算段してまでこの医学所を維持する必要が無くなり、あまつさえ、この医学所を卒業しただけでは直ちに医師として診療を行うことがならず、改めて医術開業試験を受けねばならないといったことなどから、かくして、相応の抱負のもとに明治6年(1873年)設立をみたこの医学所は、ともかく一応の成果をおさめて同13年(1880年)閉鎖され、出身者らはながい間、金蘭会と称して時々同窓会を開いていた。また、今同の慈恵会の病院は高木兼寛松山棟庵隈川宗悦らこの医学所関係の者がのちに志をあわせて基をつくったもので、その学流は東京慈恵会医科大学に伝わっていることになる。なお、廃止後の校舎は矢野文雄が大学予備門志願者のために創立した三田英学校の借りるところとなり、さらに後年、一部は修繕して教師宅に供されたりした。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]