幸内純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

幸内純一(こううち じゅんいち、1886年 - 1970年)は大正 - 昭和初期に活躍した漫画家アニメーション演出家である。

略歴[編集]

1886年9月、岡山生まれ。20歳頃に上京し、水彩画を学ぶため1905年の正月より三宅克己の門に入る。1906年1月から太平洋洋画会研究所で2年ほど修行する。

1907年12月、東京パックに入社。日本初の職業漫画家である北澤楽天の門下生として政治漫画を描く。東京パックでの弟子は、日本アニメで功績を残した大藤信郎らがいる。

1912年大杉栄荒畑寒村が共同発行した思想文芸誌『近代思想』の巻頭挿絵を描く[1]

1912年12月、東京毎夕新聞社に入社して1917年2月まで一面の政治漫画を担当する。

漫画家として人気が出てきた1917年[2]、日本最初のアニメーション映画の製作を目指していた小林喜三郎にスカウトされ、映画製作会社の小林商会に入社する。小林よりアニメの製作を依頼される[3]

苦労の末、1917年に第1作の『なまくら刀』を完成させる。この作品は同年6月30日に『塙凹内名刀之巻』と改題されて劇場公開される。日本最初のアニメーション映画、下川凹天氏の『芋川椋三玄関番の巻』に遅れる事5ヶ月である[4]。この作品は当時の映画雑誌『活動之世界』にて映画評が掲載される[5]が、これは文献に載るアニメ評の最古のものといわれている。

1918年に小林商会が経営難で映画製作を中止すると1918年2月に東京毎日新聞[6]に入社し、漫画家に戻る。毎日新聞では政治漫画を描く。

1923年に「スミカズ映画創作社」を設立し再びアニメ製作を開始。主に政党のPRアニメを製作する。1927年に漫画家に戻ったが、1930年にアニメの製作を再開。トーキーアニメの『ちょん切れ蛇』を製作したが、この作品を最後にアニメ制作を辞める。

1932年読売新聞社に入社し風刺漫画を描く。後に『時事新報』絵画部長となる。

1970年に亡くなる。

2007年7月に大阪の骨董市で映像文化史家の松本夏樹が映写機と紙製の箱に入ったフィルムを購入した際、『塙凹内名刀之巻(なまくら刀)』と北山清太郎の『浦島太郎』(1918年公開)のフィルムが発見された。デジタル技術で修復され、東京国立近代美術館フィルムセンター2008年4月24日から開催された「発掘された映画たち2008」で上映された。その後、常設展示されている[7]

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宮代栄一 (2012年9月24日). “歴史 大杉栄らの「近代思想」”. 朝日新聞夕刊(東京3版9ページ) 
  2. ^ 幸内純一 (1920)では1917年2月まで毎夕新聞の一面で漫画を担当したとある。山口且訓, 渡辺泰 (1977, p. 10)では1916年とする。
  3. ^ 津堅信之 (2002, p. 13)では、翠川稔 (1993)の、天活や日活でのアニメーション制作を知った小林喜三郎が幸内を担ぎ出した、という推測に説得力を見出している。小林が小林商会を設立したのは1916年10月である。
  4. ^ 芋川椋三玄関番の巻』が1917年1月に公開されたとの説による。F.S.Litten(2013)によれば、『芋川椋三玄関番の巻』は4月公開の作品であり、1月に公開されたのは未発見の別の作品であるとする。
  5. ^ 活動之世界編集部 (1917)津堅信之 (2007, p. 104)に全文引用されている。
  6. ^ 幸内純一 (1920)山口且訓, 渡辺泰 (1977, p. 10)では「毎夕新聞」とする
  7. ^ NFCコレクションでみる日本映画の歴史

参考文献[編集]

  • 足立元「鎖を引きちぎろうとする男 —『近代思想』の挿絵について」、『初期社会主義研究』、初期社会主義研究会、2012年、 55-79頁、 NAID 40019498873
  • 活動之世界編集部「映画評 凸坊新画帖『試し斬』」、『活動之世界』1917年9月、 27頁。
  • キネマレコード編集部「和製カートン、コメディを見る」、『キネマ・レコード』第5巻第49号、キネマ・レコード社、1917年7月15日、 339頁。
  • 幸内純一「判官よりも由良の助」、『日本一』第6巻、南北社、1920年4月1日、 233-235頁。「現代漫画家自叙伝 —附漫画家自画像—」(本文では「飄々 漫画家自叙伝 —附漫画家自画像—」)と題する複数の漫画家による自叙伝集の一節
  • 津堅信之「日本の初期アニメーション作家3人の業績に関する研究」、『アニメーション研究』第3巻、日本アニメーション学会、2002年、 7-20頁、 NAID 40005244418
  • 津堅信之 『日本初のアニメーション作家 北山清太郎』 臨川書店、2007年
  • 翠川稔「日本アニメ事始め」、『漫画映画研究 第0号』1993年、 1-42頁。
  • 山口且訓, 渡辺泰 『日本アニメーション映画史』 プラネット、有文社、1977年
  • Frederick S. Litten (2013年6月1日). “Some remarks on the first Japanese animation films in 1917”. 2013年6月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]