寄島町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 岡山県 > 浅口市 > 寄島町
寄島町
—  大字  —
寄島町の位置
寄島町
座標: 北緯34度29分0.02秒 東経133度35分19.56秒 / 北緯34.4833389度 東経133.5887667度 / 34.4833389; 133.5887667
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 岡山県
市町村 浅口市
地域 寄島地域
人口 (2010年(平成22年)10月1日現在)
 - 計 5,931人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 714-0101

寄島町(よりしまちょう)は、岡山県浅口市地名郵便番号は714-0101。世帯数は2,016世帯、人口は5,931人(2010年(平成22年)10月1日現在)[1]

かつて岡山県の南西部に位置した自治体で、2006年3月21日浅口郡鴨方町金光町との合併により浅口市となり、町役場は浅口市役所寄島総合支所となっている。

地理[編集]

地内の大半が山林である。南部は瀬戸内海に面し、地名の由来となった寄島との間が干拓されている。干拓地は元々県営農業干拓として竣工したが、その後多目的利用に変更され、商工業や教育・スポーツなどの用途で利用可能となった。

  • 山: 竜王山(289m)、青佐山(249m)
  • 島嶼: 三郎島

人口[編集]

1950年 9,954人
1955年 9,850人
1960年 9,246人
1965年 8,813人
1970年 8,560人
1975年 8,295人
1980年 7,955人
1985年 7,509人
1990年 7,270人
1995年 6,939人
2000年 6,655人
2005年 6,511人
2010年 5,931人
総務省統計局 / 国勢調査

沿革[編集]

  • 1876年(明治9年) - 東大島村・六条院西村の飛地・安倉地区が合併、寄島村となる。
  • 1901年(明治34年)2月 - 町制を施行し寄島町となる。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 浅口郡大島村柴木地区を編入する。
  • 1983年(昭和58年)3月 - 県営農業干拓が竣工。
  • 2006年(平成18年)3月21日 - 浅口郡鴨方町・金光町との合併により、旧町域は浅口市寄島町となる。

旧・寄島町[編集]

寄島町
廃止日 2006年3月21日
廃止理由 新設合併
鴨方町金光町寄島町浅口市
現在の自治体 浅口市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
浅口郡
団体コード 33444-8
面積 9.01km²
総人口 6,511
国勢調査、2005年10月1日)
隣接自治体 倉敷市笠岡市
浅口郡鴨方町・同郡里庄町
町の木 ウバメガシ
町の花 ヤマツツジ
町の鳥 ガザミ
寄島町役場
所在地 714-0192
岡山県浅口郡寄島町16010
浅口市役所寄島総合支所(旧・寄島町役場)
外部リンク 寄島町(Internet Archive)
座標 北緯34度29分0.02秒 東経133度35分19.56秒 / 北緯34.4833389度 東経133.5887667度 / 34.4833389; 133.5887667座標: 北緯34度29分0.02秒 東経133度35分19.56秒 / 北緯34.4833389度 東経133.5887667度 / 34.4833389; 133.5887667
寄島町の位置
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

行政[編集]

  • 町長:岡邊正継(2004年11月26日就任 1期目〔通算3期目〕)

議会[編集]

  • 定数 12人
  • 会派:共産党 1人

産業[編集]

交通[編集]

鉄道、高速道路および国道は通っていない。

道路[編集]

施設[編集]

  • 浅口市役所寄島総合支所
  • 寄島郵便局

教育施設等

スポーツ

  • 寄島東体育館
  • 寄島武道場
  • 三ツ山スポーツ公園
  • B&G寄島海洋センター

事業所

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 寄島園地
  • 三ッ山(三郎島)
  • 大浦神社宮入神事(神馬・奴・千歳楽・神輿・御舟など)
  • アッケシソウ生育地

[編集]

  1. ^ 政府統計の総合窓口”. 総務省 統計局. 2012年5月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]