大阪カテドラル聖マリア大聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南側
西側
ファチマの聖母と羊飼い
/アリギーニ作

大阪カテドラル聖マリア大聖堂Grand Cathedral of Virgin Mary of Osaka)は、大阪府大阪市中央区にあるカトリック玉造教会大聖堂である。カトリック大阪大司教区大司教座が置かれ、「大阪カテドラル」と呼ばれる。教会の記念する聖人は「無原罪の聖母聖マリア)」。

概要[編集]

創立は1894年。創立時に建てられた「聖アグネス聖堂」は1945年大阪大空襲により滅失。現在の大聖堂は1963年に落成した。

敷地が細川大名家の屋敷跡という由縁もあって、大聖堂内内陣左側には細川ガラシャを描いた画が掲げられている。その「最後の日のガラシア夫人」および聖堂正面の壁画「栄光の聖母マリア」、右側の「高山右近」は堂本印象の筆、大小100の窓に施されたステンドグラスは羽淵紅州の作、十字架や聖像はオーストリアの彫刻家ルンガルチエの作と、当時一流の芸術家を集めて造られた。パイプ数2400の巨大なパイプオルガンでも知られる。 近代建築家長谷部鋭吉の遺作ともいえる建築作品である。

通常司教座聖堂に併設される大司教館(大司教公邸)は長らく兵庫県西宮市甲陽園に所在していたが(戦災で玉造教会が焼失してから再建までの間、カトリック夙川教会に臨時に司教座が置かれていたこともある。)、阪神・淡路大震災で損傷したため、現在は移転され司教座聖堂の敷地内に所在する。

現在の大阪大司教はレオ池長潤

所在地[編集]

〒540-0004 大阪府大阪市中央区玉造2-24-22

交通[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

座標: 北緯34度40分43.2秒 東経135度31分36.9秒