夢華あみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

夢華 あみ(ゆめか あみ、本名:則松 亜海(のりまつ あみ)[1]6月19日 - )は、元宝塚歌劇団雪組の娘役。千葉県千葉市慶應義塾女子高等学校出身。

公称身長164.5cm。愛称は「あみ」。

親戚に78期の綾奈舞がいる[2]

来歴[編集]

2010年、宝塚歌劇団に96期生として首席入団。 月組公演『スカーレット・ピンパーネル』で初舞台。その後、雪組に配属。 同期には咲妃みゆ花乃まりあ朝月希和優波慧らがいる。 同年、配属後第1作目となる『ロジェ』新人公演の初ヒロインに抜擢。

2011年、『ロミオとジュリエット』において、ジュリエット役に抜擢され、舞羽美海とダブルキャストでヒロイン役を務める。東京公演の2月24日13時30分の部から3月12日まで、体調不良のため休演。

同年、全国ツアーの『黒い瞳/ロック・オン!』も体調不良のため休演。 バウホール公演で初ヒロイン(星乃あんりとダブルヒロイン)を務めた『灼熱の彼方』で復帰。

2012年、バウホール公演『双曲線上のカルテ』では、女役・アニータを演じる。フィナーレではエトワールを担当(コーラスは舞園るり、妃華ゆきの)。

同年、音月桂&舞羽美海退団公演となったショー『GOLD SPARK!』ではフィナーレ・デュエットダンスのカゲソロを担当。

2013年、中日劇場公演『若き日の唄は忘れじ』では、新トップスター壮一帆演じる文四郎の妻・せつを演じる。

同年、大劇場公演『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』では、壮一帆演じるフェルゼンの妹・ソフィアを演じる。フィナーレのパレードではエトワールを担当。 新人公演ではヒロイン・マリーアントワネットを演じる。

2014年2月9日(雪組『Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!』東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団 。

2015年、ミュージカル『タイタニック』で、本名の則松亜海として出演予定[3][1]

人物[編集]

幼少時は新体操のクラブチーム:イオンに所属し、全日本新体操チャイルド選手権での入賞経験もある。

主な出演[編集]

舞台[編集]

宝塚歌劇団所属時代[編集]

  • 2010年6~7月、『ロジェ/ロック・オン!』新人公演:レア・コーエン(本役:愛原実花*新公初ヒロイン
  • 2010年10~11月、『はじめて愛した』(梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演/日本青年館大ホール公演)ナタリー
  • 2011年1〜2月23日、『ロミオとジュリエット』ジュリエット(舞羽美海とのWキャスト)*本公初ヒロイン[4]
  • 2011年7月、『灼熱の彼方』(バウホール)アンヌ *バウWS初ヒロイン
  • 2011年9月~11月、『仮面の男/ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』
  • 2012年1月、『インフィニティ-限りなき世界-』(バウホール
  • 2012年3月~5月、『ドン・カルロス』新人公演:エボリ公女(本役:愛加あゆ)/『Shining Rhythm!』
  • 2012年7月~8月、『双曲線上のカルテ』(バウホール)アニータ *エトワール
  • 2012年10月~12月、『JIN-仁-/GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-』登勢/新人公演:野風(本役:愛加あゆ)
  • 2013年2月、『若き日の唄は忘れじ/Shining Ryhthm!-新たなる誕生-』(中日劇場)せつ
  • 2013年4月、『ベルサイユのばら -フェルゼン編-』ソフィア *エトワール/新人公演:マリー・アントワネット(本役:愛加あゆ)*新公ヒロイン
  • 2013年8月~9月、『若き日の唄は忘れじナルシス・ノアールⅡ』せつ(全国ツアー公演)
  • 2013年11月~2014年2月『Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!』リジット/新人公演:ジョセリン・ハーツ(本役:愛加あゆ) *退団公演

宝塚歌劇団退団後[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “元宝塚の夢華あみ、本名の則松亜海で舞台復帰―2015年『タイタニック』に出演決定”. おたくま経済新聞. (2014年11月8日). http://otakei.otakuma.net/archives/2014110801.html 2014年11月10日閲覧。 
  2. ^ 綾奈舞公式ブログより
  3. ^ 則松亜海【ケイト・マクゴーワン役】”. ミュージカル『タイタニック』公式サイト. 2014年11月10日閲覧。
  4. ^ 2月24日より休演していたが、3月13日より復帰。

関連項目[編集]