アナ・デ・メンドーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナ・デ・メンドーサ

アナ・デ・メンドーサ・デ・ラ・セルダ(Ana de Mendoza de la Cerda, 1540年6月29日 - 1592年2月2日)は、スペインの貴族。メリト伯爵夫人、パストラナ公爵夫人。エーボリ姫の名で知られた。

フエンテス(現在のスペイン・グアダラハラ県の町)で生まれ、王太子フェリペ(のちのフェリペ2世)の推薦により、12歳でルイ・ゴメス・デ・シルバと結婚。夫はエーボリ公であり大臣だった。アナはフェンシングで右目を失っていたが、スペインで最も美しい女性の一人で、才能にあふれた女性であると考えられていた。

9子をもうけた夫とは1573年に死別し、アナは修道院に入った。3年後、アナは宮廷に戻って王の次官アントニオ・ペレスと密かに手を結んだ。2人は国家を欺いたとして告発され、アナは1579年に逮捕された。アナは解放されないまま、1592年に生まれ故郷に近いパストラナで死んだ。

同名の娘アナは、第7代メディナ・シドニア公アロンソ・ペレス・デ・グスマンの妻となった。

フィクション[編集]

シラーの書いた戯曲『ドン・カルロス』、ヴェルディオペラドン・カルロ』に登場するエーボリ姫は、アナを下敷きにしてつくられたキャラクターである。1955年にはアナを主人公とした映画『That Lady』がスペイン・イギリス合作で製作された(監督テレンス・ヤング・主演オリヴィア・デ・ハヴィランド)。2010年にはスペインのテレビドラマ『La Princesa de Éboli』が放映されているが、このドラマにおいては史実と異なり左目に眼帯をつけている。また河惣益巳の「サラディナーサ」にも重要な役所で登場している。