堀文子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

堀 文子(ほり ふみこ、1918年7月2日 - )は、東京都麹町区平河町(現・千代田区)生まれの日本画家

来歴[編集]

女子美術専門学校(現・女子美術大学)師範科日本画部卒業。女子美術専門学校在学中の1938年に第2回新美術人協会展入選。1940年に女子美術専門学校を卒業し新美術人協会会員。『キンダーブック』(フレーベル館)、『ふたば』などで挿画や装幀を描く。

29歳のときに外交官と結婚、43歳のときに夫と死別。

1961年から1963年にかけ世界放浪の旅へ出る。旅の中でアンフォルメルシュルレアリスムの影響を離れ、日本画の持つ色彩や顔料の美しさに回帰する。1967年に神奈川県大磯に転居。1974年創画会の結成に参画。1974年から1999年まで多摩美術大学日本画科教授。

1981年に軽井沢にアトリエを構える。1987年にイタリアアレッツォにアトリエを構える。1992年にアレッツオ市で堀文子個展を開催。1995年にアマゾン川マヤ遺跡インカ遺跡へスケッチ旅行。1999年に創画会を退会。2011年に女子美術大学より名誉博士の称号を得る。

2000年、82歳のときに幻の高山植物ブルーポピーを求め、ヒマラヤ山脈の高地を走破(「アーティストたちの挑戦 ヒマラヤ 高き峰をもとめて 日本画家 堀文子」(NHK収録/放送、2000年)。2001年に病に倒れて以降、長期間の取材旅行に出かけられなくなったことから微生物に着目し、海中に生きる命をモチーフとする作品を発表。これらの作品は画文集や個展で発表されている。

自然の中に存在する命や花鳥をモチーフとする作品を多く制作し「花の画家」と呼ばれる。専門の日本画の他、装幀随筆でも多くの作品を発表している。

主な個展[編集]

  • 堀文子展(名都美術館(1994年、2002年))
  • 堀文子展(箱根成川美術館(1994年、2001年))
  • 堀文子展(ニューオータニ美術館(2004年、2007年))
  • 堀文子展(高島屋(2007年))
  • 堀文子展(ナカジマアート(1997年、1999年、2001年~2006年、2008年)
  • 堀文子特別展(香雪美術館(2010年))

主な著作[編集]

  • 楽園幻想 吉行和子 文. 講談社 1997.5
  • ホルトの木の下で(幻戯書房、2007年)
  • 対談集 -- 堀文子 粋人に会う --(清流出版、2009年)
  • ひとりで生きる 堀文子の言葉 求龍堂 2010.2. 「生きる言葉」シリーズ
  • 堀文子美の旅人 画家のまなざしと心を追って 飯島幸永写真集 実業之日本社 2010.4
  • 老いて、若返る 人生、90歳からが面白い 日野原重明共著 小学館 2011.4
画文集
  • 堀文子写生集 マリア書房 1970
  • みち 至光社 1972 
  • 堀文子写生集 アート社出版 1976
  • 日々去来 絵と文 アート社出版 1980.9
  • 花(JTB、1982年)
  • 季(JTB、1984年)
  • 径(JTB、1987年)
  • トスカーナの花野 JTB日本交通公社出版事業局 1991.7
  • 愛の季節 堀文子・俵万智画歌集 アートデイズ 1995.7
  • 南の華 堀文子画文集 JTB 1998.4
  • 時の刻印 堀文子画文集 求龍堂 1999.11
  • 命の軌跡 堀文子画文集 ウインズ出版 2003.4
  • 生きて死ぬ智慧 柳澤桂子共著 小学館 2004.10
  • 花のスケッチ帳(JTBパブリッシング、2007年)
  • 命といふもの(小学館、2007年)
  • 堀文子展 年月の記録スケッチ帳より 名都美術館,ニューオータニ美術館編 ニューオータニ美術館 2007.9
  • トスカーナのスケッチ帳 JTBパブリッシング 2008.3
  • 堀文子画文集1999~2009 JTBパブリッシング 2009.12
  • 無心にして花を尋ね 堀文子画文集 命といふもの 第2集 小学館 2009.4. サライ・ブックス

主な受賞歴[編集]

  • 新美術人協会展(第2回(1938年)
  • 創作美術展奨励賞(第1回(1948年)、第2階(1949年)
  • 上村松園賞(1952年)
  • 神奈川文化賞(第36回(1988年))

作品設置[編集]

  • 福島空港ターミナルビル(作品名:「ユートピア」(陶板レリーフ))

テレビ出演番組[編集]