垂直統合 (ビジネス用語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

垂直統合(すいちょくとうごう)とは、ある企業(あるいは企業グループ)が、自社の製品やサービスを市場に供給するためのサプライチェーンに沿って、付加価値の源泉となる工程を企業グループ内で連携して、時にはM&Aなどを通じて経営資源を補いながら特定事業ドメインの上流から下流までを統合して競争力を強めるビジネスモデルのことをいう。これに対してバリューチェーン上に定義される特定の工程で、それを提供する複数の企業グループが一体化することを水平統合という。

例えば自動車産業において、研究開発型会社と部品製造工場、そして販売を行う営業会社に至るまでの業務がグループ企業内で総合的に行われることや、石油小売業を営む企業が、調査会社や掘削会社、輸送会社などを統合していくことなどが、このビジネスモデルに該当するとされる。

関連項目[編集]

水平分業