和気神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
和気神社
Wake Jinja 01.JPG
拝殿
所在地 岡山県和気郡和気町藤野1385
位置 北緯34度49分13.25秒
東経134度10分32.46秒
主祭神 鐸石別命、弟彦王、清麻呂命ほか
社格 県社
創建 不詳(天正19年(1591年)現在地に遷座)
テンプレートを表示

和気神社(わけじんじゃ)は、岡山県和気郡和気町にある神社。 和気氏発祥の地、和気清麻呂生誕地にある和気氏の氏神。祭神は主神に鐸石別命、配神は弟彦王、和気清麻呂命、和気広虫姫命。佐波良命(さわらのみこと、清麻呂の高祖父)、伎波豆命(きはずのみこと、清麻呂の曾祖父)、宿奈命(すくなのみこと、清麻呂の祖父)、乎麻呂命(おまろのみこと、清麻呂の父)が合祀されている。相殿に応神天皇が祀られている。旧社格は県社。

概要[編集]

同地は和気氏の発祥の地であり、和気氏の遠祖 鐸石別命(ぬでしわけのみこと)を氏神として祀ったのが起源とされる。創建年代は不詳。天正19年(1591年)に社殿が水害に遭い現在地に遷座した。

明治42年(1909年)和気氏の祖先で鐸石別命の曾孫にあたる弟彦王(おとひこおう)、和気清麻呂、和気広虫も祭神として加えられた。また国造神社に祀られていた佐波良命、伎波豆命、宿奈命、乎麻呂命が合祀された。

大正3年(1914年)和気神社と復称。大正8年(1919年)応神天皇を相殿として祀り、県社に列した。県社ながら、昭和天皇の岡山行幸の際には幣帛を賜わるなど、官国幣社と同等に扱われた。

拝殿前には全国的にも珍しい狛猪がある。猪が清麻呂の宇佐神宮参拝の際に護衛を行ったり、足を患った際に霊泉に案内したとされることから、清麻呂の守護とされてきたことに由来する。

現存の社殿は、明治18年(1885年)より順次建替えられている。邑久大工の田淵耘煙斎勝義の手によるもので、本殿・幣殿・釣殿・拝殿・随神門が一連の作となっている。明治の建築とはいえ、邑久大工の代表的な建築様式であり、装飾彫刻類もすばらしく、和気町指定文化財になっている。

宮司[編集]

社家は、小森家で清麻呂の末裔と伝わる。清麻呂の姉 広虫が孤児を育て子供を守った事に因んで、孝明天皇より「小森(子守)」姓を賜ったといわれている。

アクセス[編集]

周辺情報[編集]

境内には和気町歴史民俗資料館が開設している。隣接する藤公園には日本一の藤棚があり季節には行楽客で賑わう。

参考文献[編集]

  • 岡山県高等学校教育研究会社会科部会歴史分科会/編 『新版 岡山県の歴史散歩』 山川出版社 1991年 60ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]