出世大名家康くん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
出世大名家康くん
Shusse_Daimyou_Ieyasukun
対象
分類 市町村のマスコットキャラクター
モチーフ 徳川家康
指定日 2011年4月1日
指定者 浜松市長
性別
関連グッズ 関連グッズを参照
備考 浜松市「福」市長
公式サイト 浜松市公式サイト
テンプレートを表示

出世大名家康くん(しゅっせだいみょういえやすくん)は、静岡県浜松市イメージキャラクター[1]

概要[編集]

市制100周年記念マスコットとして2011年平成23年)に徳川家康をモチーフとして誕生したキャラクターで[2]、ちょんまげはウナギ[1]、羽織の紋はみかん 、袴はピアノ柄と浜松の特産品をあしらっている。顔の下側の黒い逆三角形は口ではなくあごひげであり、顔の中央にあるのが口である[3]

口癖は「浜松は日本一良いとこじゃ。」で[1]、出世大名家康くんのセリフの吹き出しは「〜じゃ」を付けることとされている。同年の第82回都市対抗野球大会におけるキャラクター選手権では第4代チャンピオンとなり[4]2012年(平成24年)の「ゆるキャラグランプリ2012」では第7位を受賞した[1][5]

浜松市のキャラクターとしては、2007年より赤塚不二夫の漫画のキャラクターである「ウナギイヌ」が【はままつ福市長】(『福』は赤丸に白抜き文字)として採用されていたが、2012年度末でマスコットキャラクターとしての契約を終了とし、「出世大名家康くん」と交代した[1]

2013年8月6日には、兜を被り口が「へ」の形になった「超やらまいかバージョン」を初披露。兜を被ると喋れるようになるという設定で、「ゆるキャラグランプリ2013」の頂点を目指す「天下統一宣言」を肉声で行い、頂点を取れなかったときにはウナギのちょんまげを落として「出家大名家康くん」になると決意表明[6]

投票開始後は浜松市役所が中心となった活発な選挙活動が行われ、票数が非表示となる直前の10月7日時点の暫定順位は2位に約10万票差となる首位独走状態となり[7]、「組織票」との批判の声も出た[8]。しかし、11月24日発表の最終結果では栃木県佐野市のさのまるが1位となり、家康くんは5万5670票差で2位となった[7]。逆転敗北の理由について人間の選挙の専門家である松田馨は、「最初に飛ばしすぎて2位に差をつけたことで組織の気が緩んでしまった」「ネット上で組織票の批判が出て裏目に出た」との分析をしている[7]。浜松市は2013年度の家康くんPR関連事業に1700万円の予算を投入しているが、鈴木康友市長は、「費用対効果を考えれば相当な効果があった。家康くんの認知度も上がり、やっただけの結果はあった」とコメントしている[9]

グランプリ前に公約していた「出家」は、浜松市内のうなぎ業界関係者から「ミカンもピアノも無事で、なぜウナギだけ」との声が上がっていたが[10]、同年12月18日に東京都内のホテルでマスコミのみを招いた「断髪式」を行い、ミス浜松が演じる「おはま」がちょんまげを鋏で切り離し、うなぎから発せられる出世パワーが失われたことで再びしゃべれなくなってしまった[11]

その後、頭巾をかぶった出家姿で通常のイベント出演と並行して市内の養鰻場等で修行と称するパフォーマンスを行っていたが、浜名湖畔に立つ「うなぎ観音」より出世大名に復帰すべしとのお告げを受けたとして、翌年の1月17日に再びちょんまげのある「出世大名」へと復活した[12]。本来はうなぎ観音前にて「復活の儀」を行う予定だったが、浜松市内で児童905名が欠席する集団食中毒が発生したため、セレモニーは中止となった[13]

著作権・グッズ[編集]

「出世大名家康くん」の著作権は浜松市が保有しており、使用申請をして承認を受ければ誰でも使用可能。商品化も可能。

露出メディア[編集]

テレビ[編集]

テレビCM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 浜松市マスコットキャラクター はままつ福市長「出世大名家康くん」”. 浜松市 (2013年1月16日). 2013年5月10日閲覧。
  2. ^ 浜松市制100周年キャラクターは「出世大名 家康くん」”. 浜松経済新聞 (2011年3月7日). 2013年5月10日閲覧。
  3. ^ 浜松市マスコットキャラクター「出世大名家康くん」デザインマニュアル
  4. ^ 都市対抗野球キャラクター選手権”. 毎日新聞. 2013年5月10日閲覧。
  5. ^ 出世大名家康くん”. ゆるキャラグランプリ実行委員会. 2013年5月10日閲覧。
  6. ^ 家康くん天下統一宣言
  7. ^ a b c 家康くん、逆転許し2位 ゆるキャラGP”. 読売新聞 (2013年11月25日). 2013年11月25日閲覧。(Archive.isアーカイブキャッシュ)
  8. ^ ゆるキャラグランプリ2013でダントツ1位の『出世大名家康くん』にヤラセ疑惑 / 他のゆるキャラやネットユーザーが苦言「組織票ハンパない」”. ロケットニュース24 (2013年10月1日). 2013年11月25日閲覧。
  9. ^ 浜松市長「経済効果あり」 家康くんゆるキャラ2位”. 静岡新聞 (2013年11月19日). 2013年12月24日閲覧。
  10. ^ 家康くん公約「まげ切り」 ウナギ業界困惑”. 中日新聞 (2013年11月26日). 2013年12月23日閲覧。
  11. ^ 出直し家康くん 東京で公約「断髪式」”. 中日新聞 (2013年12月19日). 2013年12月23日閲覧。
  12. ^ 出世大名家康くんがついに復活!(2014年1月17日)
  13. ^ 家康くん「復活の儀」が中止 浜松市の児童905人欠席の事態受け”. スポニチ (2014年1月17日). 2014年1月23日閲覧。

外部リンク[編集]

浜松市マスコットキャラクター【はままつ福市長】
先代
2007年度 - 2011年
ウナギイヌ
2012年度 -
出世大名家康くん
次代
-
-