中央アフリカ共和国の国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中央アフリカ共和国の国章
Coat of arms of the Central African Republic.svg
詳細
使用者 中央アフリカ共和国
採用 1963年5月17日
モットー ZO KWE ZO
人々は皆平等
unite dignite travail
統一、尊厳、労働

中央アフリカ共和国国章(ちゅうおうアフリカきょうわこくのこくしょう)は、1963年5月17日に制定された。

両脇に中央アフリカの国旗を配し、中央には四角形のを置いている。上部には太陽を配し、最上部には共通語であるサンゴ語でZO KWE ZO (人々は皆平等である)との標語がかかれたスクロールがかかっている。中央の盾は5分割され、左上に描かれた象と右上のバオバブの木は国の自然を表している。左下の3つのダイヤモンドは国の鉱産資源を表し、右下には黒人の手が描かれている。盾中央にはアフリカ地図の中央に金色の星が描かれ、アフリカ中央部に位置する同国をシンボライズしている。下には勲章が下げられ、底部には公用語であるフランス語で国の標語unite dignite travail(統一、尊厳、労働)と書かれたスクロールがかかっている。

関連項目[編集]