ルワンダの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルワンダの国章
Coat of arms of Rwanda.svg
詳細
使用者 ルワンダ
採用 2001年
モットー Umbumwe, Umurimo, Gukunda Igihugu
統一、労働、愛国心

ルワンダ国章(ルワンダのこくしょう)は、新しいルワンダの国旗に配色を合わせるため、2001年に改定された。上のリボンの中には、「ルワンダ共和国」という言葉が、下のリボンの中には、国の標語である「統一、労働、愛国心」という言葉がそれぞれルワンダ語で書かれている。中央には伝統的な道具が歯車の上に乗って、全体を結ばれた紐が囲んでいる。

かつての国章は1960年代に作られ、緑、黄色、赤の配色で、平和、将来の発展への希望、人々を象徴していた。ルワンダの国章と国旗はルワンダ紛争を連想させるため、2001年に変更された[1]

出典[編集]

関連項目[編集]