アンゴラの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンゴラの国章
Coat of arms of Angola.svg
詳細
採用 1990年11月2日
モットー : REPÚBLICA DE ANGOLA
「アンゴラ共和国」

アンゴラ国章(アンゴラのこくしょう)は若い国家の近年の歴史を反映している。国章の制定に当たっては国旗のあり方からもわかるように、マルクス主義のモチーフが強く反映されている。

中央にはマチェーテがあり、国家が独立した際の革命と、農民の重要さを表している。両方の紋章の上には、社会主義者の間にしばしばみられるように星が描かれている。星は進歩を象徴している。後方の昇る朝日は新たな出発の伝統的なシンボルである。これらのエンブレムは労働者を表す半歯車と、コーヒー産業を表すコーヒーの蔓で出来た円によって囲まれている。

下部の開かれた本は教育を象徴している。さらにその下の帯にはポルトガル語で「アンゴラ共和国」と書いてある。

これまでの国章[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]