ウガンダの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウガンダの国章
Coat of arms of the Republic of Uganda.svg
詳細
使用者 ウガンダ
採用 1962年
サポーター ホオジロカンムリヅルの亜種とコーブの亜種
モットー For God and My Country
神と我が国のために

ウガンダ国章(ウガンダのこくしょう)は、独立に伴い1962年に制定された。

中央に、緑の小山に置かれたが描かれており、盾と槍は、ウガンダの人々が彼らの国を守る意思を表現している。盾には3つの絵が描かれている。最も上にあるのはビクトリア湖の波である。中央の太陽はウガンダの日照時間の多さを、下部の伝統的な太鼓は会合や祝典の際に人々が集められ、踊ることを表している。

盾の右側にはウガンダの国鳥であるホオジロカンムリヅルの亜種が、左側には豊かな自然を象徴するコーブの亜種が立っている。

盾が立っている小山は豊かな自然を表し、ナイル川が流れている。川の両脇には2つの主要な商品作物であるコーヒー木綿が描かれている。最下部のリボンの中には、"For God and My Country"(神と我が国のために)という国の標語が英語で書かれている。

関連項目[編集]