三益愛子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三益 愛子(みます あいこ、1910年明治43年)11月2日 - 1982年昭和57年)1月18日)は、戦後母物映画で一世を風靡した日本女優

本名:川口 愛子(かわぐち・あいこ)、旧姓:乾(いぬい)。大阪府大阪市南区南炭屋町(現・中央区)生まれ。夫は直木賞作家の川口松太郎。川口との間には三男一女があり、俳優の川口浩は長男にあたる。

来歴・人物[編集]

1927年(昭和2年)に大阪府立阿倍野高等女学校を中退し、大阪の劇団『新潮劇』に加入。水町晴子の芸名で初舞台を踏んだ。

1929年(昭和4年)に上京。1932年(昭和7年)には松竹専属となった榎本健一の劇団『ピエル・ブリアント』に入りエノケンの相手役をつとめた。翌年には、古川緑波もいた松竹傘下の喜劇集団『笑いの王国』に招かれ、芸名を三益愛子に変えて看板女優となった。1934年(昭和9年)には太秦発声映画で映画初出演し、その翌年に東宝に入った。戦前は舞台だけでなく、映画でもコメディエンヌとして活動した。

1936年(昭和11年)に長男の川口浩を出産。当時は浩の父親である川口松太郎に妻子があったため、1951年(昭和26年)まで入籍しなかった。1942年(昭和17年)には芸能界を引退して家庭に入るものの、松太郎の勧めで1947年(昭和22年)に芸能界に復帰した。同年12月、松太郎が大映の専務取締役(制作担当)に就任すると共に大映に入社。

1948年(昭和23年)に映画『山猫令嬢』に女学生の母親役で主演。この役が大ヒットとなり、以降は悲劇の母を演じた「母もの」シリーズに10年間で33本もの主演を続けた。

1956年(昭和31年)8月23日、ヴェネツィア国際映画祭に出席のためイタリアヴェネツィアへ出発。同9月13日、日本に帰国した。当時はまだ海外渡航自由化の前で、貴重なイタリア訪問となった。

1959年(昭和34年)、菊田一夫の舞台『がめつい奴』で主役の「お鹿ばあさん」役を演じて、大ヒットとなる。上演日数270日、上演回数371回のロングラン記録を作る。この演技で芸術祭賞、テアトロン賞を受賞する。

1976年(昭和51年)、東映『横浜暗黒街・マシンガンの竜』で菅原文太の母親として親子でマシンガンを撃ちまくる麻薬強盗役を演じる。11月、紫綬褒章を受章。

1982年(昭和57年)、東京女子医大病院で膵臓癌のため、死去。享年71。

主な出演[編集]

映画[編集]

  • 爆笑王キング万歳(1934年)
  • ラヂオの女王(1935年)
  • 歌ふ弥次喜多(1936年)
  • ハリキリ・ボーイ(1937年)
  • 日本女性読本(1937年)
  • 忠臣蔵 前篇(1939年)
  • 忠臣蔵 後篇(1939年)
  • ロッパの子守唄(1939年)
  • エンタツ、アチャコの新婚お化け屋敷(1939年)
  • ロッパの新婚旅行(1940年)
  • 孫悟空 前篇(1940年)
  • 孫悟空 後篇(1940年)
  • エノケン・虎造の春風千里(1941年)
  • 婦系図(1942年)
  • 続婦系図(1942年)
  • 新馬鹿時代 前篇(1947年)
  • 新馬鹿時代 後篇(1947年)
  • 蝶々失踪事件(1947年)
  • 山猫令嬢(1948年)
  • 親馬鹿大将(1948年)
  • 母(1948年)
  • 母紅梅(1949年)
  • 母三人(1949年)
  • 母恋星(1949年)
  • 流れる星は生きている(1949年)
  • 母燈台(1949年)
  • 母椿(1950年)
  • 拳銃の前に立つ母(1950年)
  • 姉妹星(1950年)
  • 宮城広場(1951年)
  • 母月夜(1951年)
  • 母千鳥(1951年)
  • 母人形(1951年)
  • 瞼の母(1952年)
  • 呼子星(1952年)
  • 母山彦(1952年)
  • 母子鶴(1952年)
  • 二つの処女線(1952年)
  • 巣鴨の母(1952年)
  • 母の瞳(1953年)
  • 総理大臣の恋文(1953年)
  • 夜の終り(1953年)
  • 母波(1953年)
  • 胡椒息子(1953年)
  • 黒豹(1953年)
  • 母の湖(1953年)
  • この恋五千万円(1954年)
  • 四人の母(1954年)
  • 落語長屋は花ざかり(1954年)
  • 母時鳥(1954年)
  • 伊達騒動 母御殿(1954年)
  • 母千草(1954年)
  • 薔薇いくたびか(1955年)
  • 母の曲(1955年)
  • つばくろ笠(1955年)
  • 五十円横町(1955年)
  • 母笛子笛(1955年)
  • 母ふたり(1955年)
  • 赤線地帯(1956年)
  • 母を求める子等(1956年)
  • スタジオは大騒ぎ(1956年)
  • 逢いぞめ笠(1956年)
  • 月形半平太 花の巻 嵐の巻(1956年)
  • 新平家物語 静と義経(1956年)
  • 母白雪(1956年)
  • 君を愛す(1956年)
  • スタジオはてんやわんや(1957年)
  • 大阪物語(1957年)
  • 源氏物語 浮舟(1957年)
  • くちづけ(1957年)
  • 母(1958年)
  • 忠臣蔵(1958年)
  • 白いジープのパトロール(1958年)
  • 風流温泉日記(1958年)
  • 母の旅路(1958年)
  • 裸の大将(1958年)
  • 四谷怪談(1959年)
  • ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐(1960年)
  • 娘・妻・母(1960年)
  • 夜の流れ(1960年)
  • がめつい奴(1960年)
  • サザエさんとエプロンおばさん(1960年)
  • 福の神 サザエさん一家(1961年)
  • 女家族(1961年)
  • 女の座(1962年)
  • 如何なる星の下に(1962年)
  • 京子の初恋 八十八夜の月(1962年)
  • 丼池(1963年)
  • 乱れる(1964年)
  • こゝから始まる(1965年)
  • 陽のあたる坂道(1967年)
  • 佐々木小次郎(1967年)
  • 人妻椿(1967年)
  • 人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊(1968年)
  • 兄弟仁義 逆縁の盃(1968年)
  • ごろつき(1968年)
  • 黒部の太陽(1968年)
  • 大奥絵巻(1968年)
  • 日本暗殺秘録(1969年)
  • 女渡世人 おたの申します(1971年)
  • まむしの兄弟 刑務所暮し四年半(1973年)
  • 現代任侠史(1973年)
  • 三婆(1974年)
  • 横浜暗黒街 マシンガンの竜(1976年)
  • 子どものころから戦争があった(1981年)

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • がめつい奴(1959年)

参考文献[編集]

  • 『読売新聞』1982年1月19日。

外部リンク[編集]