ローラン・プティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2009年1月

ローラン・プティ(Roland Petit, 1924年1月13日 - 2011年7月10日) は、フランスバレエダンサー振付家ヴィルモンブル生まれ。

母はミラノ出身でビストロ経営者のローズ・レペット。(息子の勧めで1947年にバレエシューズの工房を設立。バレエ用品メーカー、レペットの創業者である。)

プロフィール[編集]

パリ・オペラ座付属学校に入学し、1940年にオペラ座に入団。在団中から振付を始め注目を浴びる。プティは好きだったアメリカの映画やジャズ、ミュージックホールのレビュー的要素を振付に取り込むようになり、それが彼の評判を高めた[1]

1944年、ディアギレフの友人であったコクノや、バレエ批評家のイレーヌ・リドヴァとともに、バレエ・デ・シャンゼリゼを結成するために退団した。1945年にバレエ・デ・シャンゼリゼを発足。バレエ・ダンサー兼振り付け師として活躍し、48年脱退してバレエ・ド・パリを結成した。

1954年、バレエ・デ・シャンゼリゼ以来彼の作品で踊っているバレエダンサーのジジ・ジャンメールと結婚。1952年に映画『アンデルセン物語』、1955年にフレッド・アステア主演映画『足ながおじさん』の振付を担当した。

1966年にバレエ・ド・パリは活動を停止。1972年にマルセイユ・バレエ団の創立と共に招かれる。同バレエ団はのちにローラン・プティ・マルセイユ・バレエ団に改称した。1993年には自伝を発表している。

2011年7月10日、スイスジュネーヴで死去。87歳没[2]

代表作[編集]

  • 若者と死』(1946年)
  • 『夜の淑女たち』(1948年)
  • 『カルメン』(1949年)
  • 『ダイアモンドをかむ女』(1950年)
  • ノートルダム・ド・パリ』(1965年)
  • 『ピンク・フロイド・バレエ』(1973年)
  • コッペリア』(1975年)
  • こうもり (バレエ)』(1979年)
  • 『恋する悪魔』(1989年)
  • 『ダンシング・チャップリン』(1991年)
  • 『ボレロ』(1999年)
  • 『デューク・エリントン・バレエ』(2001年)

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ バレエ・デ・シャンゼリゼの誕生 : <<旅芸人>> と <<ランデヴー>> (1945) を中心に深澤南土実、お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学論叢 15, 123-132, 2013-03-31
  2. ^ “世界的振付家、ローラン・プティ氏が死去”. 読売新聞. (2011年7月11日). http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110710-OYT1T00594.htm 2011年7月11日閲覧。 

関連項目[編集]