レオ・カイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオ・カイリー
Leo Kiely
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州ホーボーケン
生年月日 1929年11月30日
没年月日 1984年1月18日(満54歳没)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1948年
初出場 MLB / 1951年6月27日
NPB / 1953年8月8日
最終出場 MLB / 1960年6月20日
NPB / 1953年8月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

レオ・カイリーLeo Patrick Kiely , 1929年11月30日 - 1984年1月18日)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州出身のプロ野球選手投手)。

実働1ヶ月ながら、日本プロ野球史上初の現役メジャーリーガーの外国人選手である。

来歴・人物[編集]

1948年ボストン・レッドソックスと契約。1951年メジャーリーグに初昇格し、同年は7勝7敗・防御率3.34の成績を挙げるも、翌1952年兵役に就き、進駐軍として来日し横須賀基地に配属される。

1953年、当時投手不足に悩んでいた毎日オリオンズは、メジャーリーグで投手経験を持つカイリーに目を付けた。しかし、軍を除隊させてまで入団させるわけにはいかないので、同じ横須賀基地勤務だったチャーリー・フッド(フッドはメジャー経験なし)と共に、軍に籍を置きながら休日とナイトゲームのみ出場という、いわばアルバイトでの選手契約を交わした。

同年8月8日、リリーフとして初登板。以降8月だけで6試合に登板して6連勝(うち完封1)を挙げた。外国人投手による来日初登板からの連勝記録としてはこの6連勝が最高記録である。打撃面でも19打数10安打、打率.526を記録しており、登板した試合以外でも代打でも1試合に出場している。翌9月3日、本人に除隊命令が出たため帰国のため、退団となった[1]。カイリーの活躍が顕著だったため、カイリーの帰国後に雇用形態に問題があるという建前で「進駐軍選手のアルバイト登板禁止」のコミッショナー通達が出される事となった。

1954年、レッドソックスでメジャー復帰。1960年カンザスシティ・アスレチックスに移籍し、同年限りで現役引退。

プレースタイル[編集]

左からのサイド投法で、スクリューボールには威力があった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1951 BOS 17 16 4 0 -- 7 7 0 -- .500 474 113.1 106 9 39 -- 2 46 3 0 48 42 3.34 1.28
1953 毎日 6 5 3 1 1 6 0 -- -- 1.000 183 45.0 36 2 15 -- 6 32 0 0 14 9 1.80 1.13
1954 BOS 28 19 4 1 0 5 8 0 -- .385 589 131.0 153 12 58 -- 1 59 0 1 74 51 3.50 1.61
1955 33 4 0 0 0 3 3 6 -- .500 384 90.0 91 5 37 5 0 36 1 1 31 28 2.80 1.42
1956 23 0 0 0 0 2 2 3 -- .500 155 31.1 47 1 14 5 2 9 0 0 25 18 5.17 1.95
1958 47 0 0 0 0 5 2 12 -- .714 332 81.0 77 3 18 3 2 26 0 0 31 27 3.00 1.17
1959 41 0 0 0 0 3 3 7 -- .500 249 55.2 67 8 18 3 1 30 1 0 26 26 4.20 1.53
1960 KCA 20 0 0 0 0 1 2 1 -- .333 86 20.2 21 1 5 0 1 6 0 0 4 4 1.74 1.26
MLB:7年 209 39 8 1 0 26 27 29 -- .491 2269 523.0 562 39 189 16 9 212 5 2 239 196 3.37 1.44
NPB:1年 6 5 3 1 1 6 0 -- -- 1.000 183 45.0 36 2 15 -- 6 32 0 0 14 9 1.80 1.13

記録[編集]

NPB
  • 初登板・初勝利 1953年8月8日 対西鉄戦(甲府
  • 初先発・初完投勝利 1953年8月11日 対東急戦(後楽園
  • 初完封 1953年8月30日 対東急戦(西京極

背番号[編集]

  • 25 (1951年)
  • 50 (1953年)
  • 19 (1954年 - 1956年)
  • 17 (1958年 - 1959年)
  • 32 (1960年)
  • 34 (1960年)

脚注[編集]

  1. ^ 日本文芸社刊「2000年優勝記念号巨人軍歴史新聞」25ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]