リビアヤマネコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リビアヤマネコ
リビアヤマネコ 南アフリカ ヨハネスブルグ動物園
リビアヤマネコ
南アフリカ ヨハネスブルグ動物園
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
亜目 : ネコ亜目 Feliformia
: ネコ科 Felidae
: ネコ属 Felis
: ヤマネコ種 F. silvestris
亜種 : リビアヤマネコ F. s. lybica
学名
Felis silvestris lybica
Forster 1770
和名
リビアヤマネコ
英名
African Wildcat

リビアヤマネコAfrican Wildcat または Desert Cat学名Felis silvestris lybica)は、ヤマネコの一亜種。体長約50-70センチメートル、今日では愛玩用として世界で広く飼育されているイエネコの先祖であると考えられる。アフリカヤマネコとも。

2007年のDNA解析によるヤマネコ Felis silvestris 5亜種の分布[1].

リビアヤマネコは131,000年前に、他の亜種から分化されたとされ[1]、アフリカ北部、中近東、アラル海までの西アジアに生息し、げっ歯類などの小型の哺乳類のほか鳥類爬虫類、昆虫、果実などを捕食対象とする。

脚注[編集]

  1. ^ a b サイエンス (2007年7月27日). “The Near Eastern Origin of Cat Domestication” (英語). 2008年4月21日閲覧。

関連項目[編集]