リッチー・マコウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リッチー・マコウ

リッチー・マコウRichard Hugh McCaw 1980年12月31日 - )は、ニュージーランド出身のラグビー選手。ポジションはフランカー。

人物[編集]

ノースオタゴ地方オアマル生まれ。実家は農家(現在は離農)。7歳からラグビーを始め、名門オタゴ・ボーイズハイスクールへ進学。ラグビー奨学生としてリンカーン大学へ進学し農学を専攻。リンカーン大学ラグビーチームへ入団し、U-19、U-21ラグビーニュージーランド代表に選出される。19歳でNPC(現在のITM CUP)カンタベリー州代表に選出され、20歳でスーパー14の名門クルセイダーズへ入団。同年ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)に選出されダニーデンで行われた対アイルランド戦でデビュー。デビュー戦で最優秀選手に選ばれる。2004年にオールブラックス初キャプテンを務め、2006年シーズンから正キャプテンを務める。クラブチームでは2005年からクルセイダース正キャプテンを務めている。2006年、2009年、2010年にIRB年間最優秀選手賞を受賞。同一選手による同賞3度の受賞は2001年の創設以来初。2011年9月24日に行われたラグビーワールドカップ予選プール第3戦フランス戦でニュージーランド代表選手として初となる代表100キャップを記録した。

2011ラグビーワールドカップ終了後の海外移籍が噂されたが、2011年5月にニュージーランドラグビー協会(NZRU)との間で4年間の契約に合意。2010年シーズンの年俸は国内最高クラスの$750,000ニュージーランド・ドル

2011ラグビーワールドカップ終了後、代表チームキャプテンとしての功績を称え、ニュージーランド政府よりナイト勲位を授与する非公式な打診を受けるも、現役のラグビー選手であることや、年齢的に若すぎることを理由に辞退。2011年12月、在学中のリンカーン大学は名誉博士号(天然資源学専攻)の学位を授与すると発表(授与式は2012年4月)。在学生への名誉学位の授与は異例の措置。

祖父は第二次世界大戦に従軍した元戦闘機パイロット。父、叔父と同じくマコウも自家用飛行機免許を取得し自家用グライダーを所有している。叔父夫妻はグライダー専門誌の編集を行っており、親戚の多くが自家用飛行機免許を取得している航空一家の出身である。豊富な航空知識と経験を持ち航空イベントにゲストとして招かれる機会が多い。2011年2月にはチャリティー基金の活動としてゲスト乗客を乗せグライダー飛行を行った。

プレイスタイル[編集]

“ボールのあるところマコウあり”と称されるほど、攻守すべての局面に現れるオープンサイドフランカー。運動量、状況判断、スキル、すべての能力が高い。ディフェンス能力が非常に高く、瞬時の判断によりトライを決める。2014年現在、オールブラックスでは24トライを上げている。

主な受賞歴[編集]

  • U-21最優秀選手賞(2001年)
  • NPCディビジョン1最優秀選手賞(2002年)
  • 国際ラグビー選手協会最優秀新人賞(2002年)
  • ケルビン・トレメイン記念杯最優秀選手賞(2003年)
  • NPCディビジョン1最優秀選手賞(2004年)
  • ケルビン・トレメイン記念杯最優秀選手賞(2006年、2009年)
  • IRB年間最優秀選手賞(2006年、2009年、2010年)