ニュージーランド州代表選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニュージーランド州代表選手権英称New Zealand National Provincial Championship)は、ニュージーランドにおけるラグビーの国内トップリーグである。略称NPC。最多優勝は、カンタベリーの11回。

概要[編集]

1976年に第1回開催。1976年から1984年シーズンまでは1部・2部制リーグにより運営され、2部リーグは北島地区と南島地区の2区分に分かれていた。1985年から2005年シーズンまでは3部制リーグとして運営された。

2006年シーズンからはニュージーランド航空がメインスポンサーとなり「Air New Zealand Cup」(エアニュージーランドカップ(ANC))と改称して行われた。2006年シーズンからは全国を26の地区(州)に分け、エアニュージーランドカップ出場14チームと、ハートランド・チャンピオンシップ出場12チームに分かれ、リーグチャンピオンを決定する。

2010年3月、ニュージーランド航空がラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)を支援するためスポンサーから撤退、新にニュージーランド最大の建材供給組合 ITM (Independent Timber Merchants)がメインスポンサーに就任(2012年シーズンまで)。カップ名も「ITMカップ」に改称された。そのため「NPC」、「エア・ニュージーランドカップ」、「ITMカップ」は全て同じリーグ戦の名称である。

ニュージーランド州代表選手権では、国内の各州ごとの代表チームを編成し、14チームで3ラウンド対戦し、ラグビーニュージーランド一を競う。

ニュージーランドラグビーにおいてはオールブラックスを頂点として、スーパーラグビーに次ぐ第3のカテゴリーとなっている。

日本人では坂田好弘がカンタベリー、大久保直弥がサウスランド、四宮洋平がノースランド、田中史朗堀江翔太がオタゴでプレーしていた。

選手はアマチュア契約となり、各州代表チームで活躍を見せると、1カテゴリ上のスーパーラグビーに選抜されプロ契約を結ぶ。ニュージーランド州代表選手権は、比較的若い選手が多く所属するリーグである。

チーム[編集]

  • オークランド(Auckland)
  • ベイ・オブ・プレンティー(Bay of Plenty)
  • カンタベリー(Canterbury)
  • カウンティース・マヌカウ(Counties Manukau)
  • ホークスベイ(Hawke's Bay)
  • マナワツ(Manawatu)
  • ノース・ハーバー(North Harbour)
  • ノースランド(Northland)
  • オタゴ(Otago)
  • サウスランド(Southland)
  • タラナキ(Taranaki)
  • タスマン(Tasman)
  • ワイカト(Waikato)
  • ウェリントン(Wellington)

外部リンク[編集]